第2回 東をきれいにすれば成果が上がる

ビジネスはアート

ビジネスの世界で勝ち抜き、生き残るためには、創意工夫は不可欠です。仕事の上での創意工夫に、私自身は「アート」を感じます。
 画家や歌手などにアーティスティックな才能が必要となるのはもちろんですが、企業に勤める人にとっても、仕事の上でアート感覚が必要になると考えています。

私のクライアントの一人に、斜陽産業に身を置いている方がいます。まさに少ない仕事を奪いあう状態です。
 私の指導で風水の改善を行った後に、彼は斬新な人間関係構築のアイデアを考案しました。
 それをもとに得意先業者やお客さんと、より良く、より強い人間関係を築き、今では毎日やりきれないほどの仕事を受注するに至り、莫大な利益を得ることに成功しました。
 まさに芸術のような鮮やかさで、人生を塗り替えています。

このように風水を利用することで、一つひとつの行動にアート性を注入すると、ビジネス全体が有機的につながり始め、上司、同僚、顧客とのより良い人間関係が構築されます。その結果、仕事は増え、売り上げは必然的に上昇します。
 また人間関係での摩擦も減り、精神的ストレスもなくなります。1日の大半を占めるビジネスの時間は、最高に有意義な時間として様変わりし、あなたの生きがいにもつながるのです。

次ページ創造性を高め成果をあげる方位
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT