第4回 入金が滞っているとき、ここに注目

風水で最も注意するべきエネルギーとは

玄空飛星派風水では、各方位(北・北東・東・東南・南・南西・西・北西・中央)に9種類のエネルギーが配置されます。
 第2回で解説したように、このエネルギーは毎年、特定の動き方によって変化します。9種類のエネルギーには、大吉から大凶までありますが、今回は風水分析において最も注意するべきエネルギーである、大凶の星「五黄(ごおう)」についてお伝えしましょう。

あなたは、五黄という言葉を聞いたことがありませんか。
 毎年秋になると、書店に来年度版の暦が並びます。この暦には、毎日の吉凶や毎月の方位の吉凶などさまざまな情報が掲載されていますが。その中でも五黄の方位についてはすべての暦で大凶とされているようです。

風水や占いにはさまざまな流派があり、各流派がそれぞれの主張をしていますが、五黄については大凶という共通認識があります。
 つまり、誰が見ても五黄というエネルギーは、その悪さがわかるくらい、激烈なエネルギーを宿しているということなのです。

次ページすべての凶事が噴出する?!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング