第4回 入金が滞っているとき、ここに注目

風水で最も注意するべきエネルギーとは

玄空飛星派風水では、各方位(北・北東・東・東南・南・南西・西・北西・中央)に9種類のエネルギーが配置されます。
 第2回で解説したように、このエネルギーは毎年、特定の動き方によって変化します。9種類のエネルギーには、大吉から大凶までありますが、今回は風水分析において最も注意するべきエネルギーである、大凶の星「五黄(ごおう)」についてお伝えしましょう。

あなたは、五黄という言葉を聞いたことがありませんか。
 毎年秋になると、書店に来年度版の暦が並びます。この暦には、毎日の吉凶や毎月の方位の吉凶などさまざまな情報が掲載されていますが。その中でも五黄の方位についてはすべての暦で大凶とされているようです。

風水や占いにはさまざまな流派があり、各流派がそれぞれの主張をしていますが、五黄については大凶という共通認識があります。
 つまり、誰が見ても五黄というエネルギーは、その悪さがわかるくらい、激烈なエネルギーを宿しているということなのです。

次ページすべての凶事が噴出する?!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT