第5回 スカイツリーは社長の運気に影響する?!

風水鑑定で最初に見るべきこと

本連載も5回目になりました。このあたりで、風水の見方の全体像をおさらいしたいと思います。
 風水の鑑定において、まず注意すべきことは「環境」からの影響です。これは目視判断をする形勢派に顕著ですが、建造物の周囲の建物やオブジェによって、どのような影響があるかを判断します。

 世間ではあまり知られていませんが、昨今、話題の人気スポットである東京スカイツリーも周囲に影響を与えるオブジェとなっています。
 風水では、東京スカイツリーの見える方位、距離感などにより、様々な影響を私たちに及ぼしていると考えるのです。

 住まいや会社の周辺に大きく目立つ建物やオブジェがある場合、良くも悪くも影響しているということを覚えておいてください。
 特に醜悪な形状の建造物やオブジェは、毎日見ている人にとって、心理的負担が大きく、ジワジワと運気を蝕む要素になっているのです。

次ページ三角形型の建物は凶である
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。