第5回 スカイツリーは社長の運気に影響する?!

風水鑑定で最初に見るべきこと

本連載も5回目になりました。このあたりで、風水の見方の全体像をおさらいしたいと思います。
 風水の鑑定において、まず注意すべきことは「環境」からの影響です。これは目視判断をする形勢派に顕著ですが、建造物の周囲の建物やオブジェによって、どのような影響があるかを判断します。

 世間ではあまり知られていませんが、昨今、話題の人気スポットである東京スカイツリーも周囲に影響を与えるオブジェとなっています。
 風水では、東京スカイツリーの見える方位、距離感などにより、様々な影響を私たちに及ぼしていると考えるのです。

 住まいや会社の周辺に大きく目立つ建物やオブジェがある場合、良くも悪くも影響しているということを覚えておいてください。
 特に醜悪な形状の建造物やオブジェは、毎日見ている人にとって、心理的負担が大きく、ジワジワと運気を蝕む要素になっているのです。

次ページ三角形型の建物は凶である
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。