第1回 絶対に成功する商談時の座り方

風水の基本原則「背壁面門」

それでは、風水では商談時の座席の配置をどのように考えればいいのでしょうか。

風水には「形勢派」という見方があります。この「形勢派」という見方は、建物周辺の目に見える建物や、道路、河川、鉄塔などのオブジェ、そして、建物内の大きな家具やデスクの配置など、目に入る視覚情報のすべてが人間に与える影響を読むものです。
 リビングから東京タワーが見えるマンションはどうか、玄関に入ってすぐの窓はどういう作用があるのかといった建造物の内外に存在するオブジェや形状が与える影響力を読むのです。

座席の配置に関して、形勢派風水では「背壁面門(はいへきめんもん)」という基本原則があります。
 これは、自分の背を壁にして、顔を門の方に向けるという法則です。つまり、相手の顔を壁に向け、背中を門の方に向けさせるということです。
 例えば、皇帝の玉座のある空間を想像してください。玉座の背中側には高く厚い背もたれ、そして壁があり、前面は開けた空間になっていて、部屋の入り口(門)が見えます。この配置が背壁面門の理想的な配置となるのです。
 この配置のエッセンスを商談時の座席に応用すればいいわけです。

次ページポイントは3つ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT