「ブラック・ミラー」が世界でヒットした理由

Netflixの展開で着実にファンを増やした

Netflixオリジナルシリーズ「ブラック・ミラー」シーズン1~5を独占配信中。写真は2018年プライムタイム・エミ―賞ノミネートのシーズン4エピソード1「宇宙船カリスター号」(写真:Netflix)  
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

イギリス版「世にも奇妙な物語」? 

日本発ドラマも今はNetflixを通じて、世界にファンを作るチャンスが広がっています。「全裸監督」(参考記事:村西とおる主役ドラマをNetflixが作る思惑)のように、映像化をゼロから立ち上げた完全オリジナル作品から、地上波テレビシリーズから生まれた「深夜食堂」や「テラスハウス」、また札幌ローカル局発の「チャンネルはそのまま!」まで、ネタ元からみたバリエーションもさまざまです。

この連載の一覧はこちら

そんななか、世界では自国向けに低予算で作られたドラマが思わぬ形でワールドヒットとなり、数億規模の制作費でシリーズ展開につながる話も少なくありません。イギリス発のSFドラマ「ブラック・ミラー」はまさにその成功例でしょう。

「ブラック・ミラー」は近未来を舞台に、オムニバス形式で構成された作品です。日本のドラマで例えるなら「世にも奇妙な物語」、往年のアメリカのテレビドラマシリーズ「トワライト・ゾーン」のような世界観を持った作品としてよく紹介されています。

エピソードの多くはテクノロジー社会を風刺する極上のブラックユーモアを効かせたものが特徴。ハッピーエンドもバッドエンドも受け入れる度量のある大人向けの話が並んでいます。「もしかしたら、近い将来、こんなことが現実に起こりうるかもしれない。自分だったら?」と、自分事に置き換えやすい内容もこの作品の醍醐味です。

世界ヒットまでの軌跡をたどると、イギリスの地上波で放送された企画がきっかけとなったことがわかります。はじめに放送されたのは世界のBBCでもイギリス民放最大手のITVでもなく、公共放送のチャンネル4。若者やマイノリティーの視聴者層を意識して編成される番組が多い放送局です。

次ページ「ブラック・ミラー」が人気の理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT