「ブラック・ミラー」が世界でヒットした理由

Netflixの展開で着実にファンを増やした

「ブラック・ミラー」はそのチャンネル4で2011年12月4日から放送が始まり、2014年までシーズン1と2が放送されました。そして、シーズン3はNetflixがチャンネル4にNetflixオリジナルドラマとして制作発注する形で作られます。配信時期は各国によって状況が異なりますが、日本では2015年9月2日のNetflix上陸と同時にラインナップに入りました。

その後、人気作品であることを証明するかのようにシリーズ展開が続き、現在シーズン5まで配信されています。またシーズン3の「サン・ジュニペロ」とシーズン4の「宇宙船カリスター号」はエミー賞を獲得し、実力派作品としてのブランドも確立しています。

Netflixで展開されることによって確実にファンを増やし、SF好きの間でも知る人ぞ知る作品として認識されていった理由には、ヒットを狙うあまりにありがちな「間口の広げ過ぎ」が「ブラック・ミラー」にはないことも挙げられます。人気が出ても、誰もが知っているような有名女優や俳優を起用せず、派手なPRもしません。クオリティーだけで勝負する。そんなスタンスをシリーズ全体で保っています。

Netflix初のインタラクティブ映画も

「ブラック・ミラー」シリーズから映画版も作られています。映画と言っても、劇場公開はされていません。Netflixが劇場公開を必須の条件としない作品も「映画」として独自に設定し、Netflixオリジナルの1つとして作品数をここのところ増やしています。

Netfflixオリジナル映画『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』独占配信中。 2019年エミー賞のテレビ映画作品賞を受賞(写真:Netflix)

その映画版も「ブラック・ミラー」らしい企画で話題を呼んでいます。タイトルは『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』(2018年12月よりNetflix独占配信)。映画版の舞台はドラマシリーズで統一された近未来ではなく、トレンドの1980年代。ビデオゲーム開発のチャンスをつかんだイギリス人の若い男性プログラマーが主役です。

何が話題なのかというと、Netflix初のインタラクティブ映画だからです。主役のプログラマーが選択を迫られるシーンで、その選択肢を視聴者に委ねられます。シリアルのメーカーを選ぶといった軽いものから、仕事のチャンスや生死に関わる重要な選択まで、視聴者が選んでいきながら、話を進めていきます。

ロールプレイングゲームのようにキャラクターを操作しているような感覚に陥り、没入感が増します。なお、特別なゲーム機器は必要とせず、通常の視聴環境で楽しめます。

先月、韓国・仁川で行われた「アジアドラマカンファレンス」というアジアのドラマ脚本家とプロデューサーのための国際会議にこの『バンダースナッチ』のプロデューサー、ロセル・メックリン氏がゲスト参加し、制作過程などを語る場面が作られました。

「アジアドラマカンファレンス」に登壇した『バンダースナッチ』のプロデューサー、ロセル・メックリン氏とNetflixオリジナルシリーズ統括ディレクターのアンディ・ウェル氏ら(写真:KOFICE)
次ページラストが5パターンある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。