「ブラック・ミラー」が世界でヒットした理由

Netflixの展開で着実にファンを増やした

「ブラック・ミラー」はそのチャンネル4で2011年12月4日から放送が始まり、2014年までシーズン1と2が放送されました。そして、シーズン3はNetflixがチャンネル4にNetflixオリジナルドラマとして制作発注する形で作られます。配信時期は各国によって状況が異なりますが、日本では2015年9月2日のNetflix上陸と同時にラインナップに入りました。

その後、人気作品であることを証明するかのようにシリーズ展開が続き、現在シーズン5まで配信されています。またシーズン3の「サン・ジュニペロ」とシーズン4の「宇宙船カリスター号」はエミー賞を獲得し、実力派作品としてのブランドも確立しています。

Netflixで展開されることによって確実にファンを増やし、SF好きの間でも知る人ぞ知る作品として認識されていった理由には、ヒットを狙うあまりにありがちな「間口の広げ過ぎ」が「ブラック・ミラー」にはないことも挙げられます。人気が出ても、誰もが知っているような有名女優や俳優を起用せず、派手なPRもしません。クオリティーだけで勝負する。そんなスタンスをシリーズ全体で保っています。

Netflix初のインタラクティブ映画も

「ブラック・ミラー」シリーズから映画版も作られています。映画と言っても、劇場公開はされていません。Netflixが劇場公開を必須の条件としない作品も「映画」として独自に設定し、Netflixオリジナルの1つとして作品数をここのところ増やしています。

Netfflixオリジナル映画『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』独占配信中。 2019年エミー賞のテレビ映画作品賞を受賞(写真:Netflix)

その映画版も「ブラック・ミラー」らしい企画で話題を呼んでいます。タイトルは『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』(2018年12月よりNetflix独占配信)。映画版の舞台はドラマシリーズで統一された近未来ではなく、トレンドの1980年代。ビデオゲーム開発のチャンスをつかんだイギリス人の若い男性プログラマーが主役です。

何が話題なのかというと、Netflix初のインタラクティブ映画だからです。主役のプログラマーが選択を迫られるシーンで、その選択肢を視聴者に委ねられます。シリアルのメーカーを選ぶといった軽いものから、仕事のチャンスや生死に関わる重要な選択まで、視聴者が選んでいきながら、話を進めていきます。

ロールプレイングゲームのようにキャラクターを操作しているような感覚に陥り、没入感が増します。なお、特別なゲーム機器は必要とせず、通常の視聴環境で楽しめます。

先月、韓国・仁川で行われた「アジアドラマカンファレンス」というアジアのドラマ脚本家とプロデューサーのための国際会議にこの『バンダースナッチ』のプロデューサー、ロセル・メックリン氏がゲスト参加し、制作過程などを語る場面が作られました。

「アジアドラマカンファレンス」に登壇した『バンダースナッチ』のプロデューサー、ロセル・メックリン氏とNetflixオリジナルシリーズ統括ディレクターのアンディ・ウェル氏ら(写真:KOFICE)
次ページラストが5パターンある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT