成功する人は「自己否定する力」が凡人と違う

「サードドア」から学ぶ失敗との向き合い方

バナヤン、松本両氏の話を熱心に聞き入る大学生たち(撮影:尾形文繁)
発売からたちまち12万部突破のベストセラーとなった、アレックス・バナヤン著『サードドア 精神的資産のふやし方』。2019年8月29日、出版を記念して、クリエーションスペース「HELLO,VISITS東京大学」にて、キャリアを考える現役大学生のための対談イベントが開催された。
日本版刊行にあわせて来日したアレックス・バナヤン氏と、ゴールドマン・サックスの株式トレーダーを経て、現在は「人間の可能性を可視化する」VISITS Technologies代表を務める松本勝氏が登壇。自分らしいキャリアの始め方について自らの経験を熱く語った。

不毛な競争をしない人生を歩もう

松本勝(以下、松本):バナヤンさんの『サードドア』には、僕がいままさに学生の皆さんに伝えたいことが書かれています。シリコンバレーの有名な投資家であるピーター・ティールがこんな疑問を投げかけているんです。ここに集まってきた優秀な人材は、いったいどこを目指しているのかと。みんなが同じような成功を目指して競うというのは、レッドオーシャンなんですよね。競争した時点で負けなんです。

話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

本当に大事なのは、ナンバーワンでなくオンリーワン、つまり自分だけのゴールを目指すこと。そこは不毛な競争のないブルーオーシャンの世界。でも頭ではわかっていても、それができる人はなかなかいません。実際のやり方がわからないからです。

でもこの本にはそこが書いてある。自分らしい人生の第一歩を始めるために必要なことが書いてあるんです。

アレックス・バナヤン(以下、バナヤン):ありがとうございます。私は人生もビジネスも、ナイトクラブに入るようなものだと考えました。まずはファーストドア、正面入り口です。松本さんがおっしゃったように、その前には長い行列ができていて、99%の人がそこに並んでいます。次にセカンドドア。VIP専用で億万長者やセレブだけが入れるドアです。

次ページ実は誰も教えてくれないドアがある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。