日本人はなぜ「レッドオーシャン」で戦うのか

「ゆるキャラ」「B級グルメ」…どこも皆同じだ

「くまモンがはやっているから」と言えば、ゆるキャラに走り、「B級グルメが受ける」と言えば、B級グルメへ…。そして今度は動画アプリ「TikTok」…。ぐっちーさんは、日本人が競争の厳しい「レッドオーシャン」の分野でばかり勝負する体質に疑問を投げかける(写真:アフロ)

このたび、「東洋経済オンラインアワード2018」で「ロングランヒット賞」をいただきました。日頃から大変親しくさせていただいている山崎元さん吉崎達彦さんとご一緒に賞がいただけるのは、本当にうれしいことでございます。

「ロングランヒット賞」は書き手冥利に尽きる

当日いただいた賞状には、こんなことが書かれていました。

連載「競馬好きエコノミストの市場深読み劇場」で、日々変化する世界のマーケットについてわかりやすく解説。ときに裏を読み、今後を読み解くコンテンツとして多くの読者ファンを獲得。競馬予想も織り交ぜることで金融エンターテインメントの分野を確立されました。その功績をたたえここに表彰します。

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

いろいろな賞をいただいたことがあるのですが、このロングランヒット賞、というのはある意味書き手冥利に尽きるわけでして、それだけ多くの方に読んでいただいているという証拠でもありますので「大変すごいことだな」、と思うわけであります。

いつもたくさんコメントをいただいておりますが(笑)、その皆様にも支えられている、と思いますと感慨深いものがございます。

そしてなんといっても編集者のFさん。ある意味われわれ以上の熱い競馬ファンでありまして、競馬場での集まりなど、さまざまな企画までお考えいただいて、感謝であります。改めて御礼を申し上げたいと思います。

さて、いよいよ年末でありますが、12月第1週なので2018年のまとめは、少しだけ気が早い。ということで、それは次の山崎さんと吉崎さんのお2人に任せると致しまして…

今回のテーマは

日本人はなぜレッドオーシャンで勝負してしまうのか……

です。タイトルのニュアンスをより正確に出すと、「しまう」が入るわけです。当ネタは、このオンラインにも記事を書いている畏友・木下斉(ひとし)君のひとことから。

日本経済新聞さんに以下のような記事が出ていまして、ワタクシも正直ぶっ飛んだわけです。「まだ、わからんのか……いくら俺たちの税金を無駄に使いまわせば気が済むのか、君たちは……」というわけです。

次ページ新聞にはどんなことが書いてあったのか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。