日本人はなぜ「レッドオーシャン」で戦うのか

「ゆるキャラ」「B級グルメ」…どこも皆同じだ

えー、この週末は第19回チャンピオンズカップ(G1)(12月2日、中京競馬場11R、ダート1800メートル=左回り)が行われます。いよいよ2018年のG1レースも12月に入って佳境でありまして、2018年秋の最強ダート馬を決める非常に楽しみなレースです。

チャンピオンズカップの本命は3歳馬ルヴァンスレーヴ

注目はなんといっても南部杯で強力なダート巧者の古馬(ノンコノユメ、ゴールドドリームなど)をなぎ倒し、中央・地方の交流G1で3連勝中のルヴァンスレーヴ(フランス語で「風立ちぬ」の意味)。鞍上もM・デムーロ騎手となれば、よもや外すまい、と考えます。

難点があるとするとやはりこのレース3歳馬はあまり戦績が良くなく、もし勝つと2006年アロンダイトまで遡る、という3歳馬にとってはちと「鬼門レース」っぽい、と言う点。

さらに言うと社台グループの種牡馬の中でも、ちょっと産駒に恵まれていないシンボリクリスエスの子、と言う点でしょうかね。

ただ、吉田オーナーはインタビューでは決して悪い血統ではなく、恵まれなかっただけ、ともおっしゃっており、走りっぷりからしても期待していいのでは? 調教師が名伯楽の荻原清調教師というのも強気の材料で、あとはミルコに任せるレースと見ました。

対抗はやはりノンコノユメ。そしてJ・モレイラ騎手が乗るサンライズソアを推します。

ただでさえ、外国人ジョッキー旋風が吹き荒れているわけですが、ダートとなると、ますます彼らの腕が冴えわたるということで、外国人ジョッキーの乗る馬は海外馬パヴェル(M・グティエレス騎手)、オメガパヒューム(C・デムーロ騎手)まで含めて、押さえておきたいと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • シリコンバレー起業日記
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。