ぐっちーさん「日本人もGAFAで大量失業する」

今は「確実に訪れる大災害」の前夜に等しい

アメリカ・シアトルのアマゾンゴー。ぐっちーさんは今は「日本人も含めた世界的な大失業時代の前夜」だという(写真:Alamy/アフロ)

足踏みしましたが、わが広島カープがついにセリーグ3連覇を達成いたしました。広島で決めたのはなんと27年ぶり、マツダスタジアムでは初めて、であります。

広島の皆さま、本当に良かったですね。これだけ人々の生活の中に野球チームが溶け込んでいるのは日本全国で広島だけです。まさに市民球団です。これは広島の何にもまさる財産ですね。

市民みんなで作り上げたものですから大いに自慢されたらいいと思いますよ。次は日本一!!ですね。

リーマンのような金融危機は起きようがない

さて、私の順番が回ってくるまで、ちょうど「リーマンショック後10年」ということで、もうそろそろ危機がくる、という「景気循環説」という何の科学的根拠もないことを書く連中が、某大手メディアを中心にわらわらと出てきました。

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

朝日新聞出版の「アエラ」では毎週連載があるので3週間にわたり、それがいかに根拠の乏しい話かということを書きましたが、本稿ではより詳しく触れたいと思います。

「アエラ」やメルマガでは「リーマンのような金融危機の芽なんて、どこにもない」とデータも示しましたし、こちらでも何回か書いています。

次ページなぜリーマンのような危機が起きようがないのか
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。