大学生で起業なんて「絶対やめたほうがいい」

親と社会の期待を「サードドア」で超える

佐俣:日本は今世界で3番目に大きなGDPを持っているけれど、これから人口が減り続け、今後20年で7位まで落ちるといわれている。でも、無視するには大きすぎる。アジアの小さな国なら、アメリカか中国を目指せばいいけれど、日本は、日本でやっても小さな成功ができちゃうっていうこと。

それに、日本のマーケットは、株式公開後の大きな挑戦を好まない。例えば日本で今一番成功しているのはメルカリという会社だけど、かつてのベンチャーも、上場するともう赤字を長く出し続けることは基本的にはできない。

でもメルカリの競争相手はアメリカという市場で、未上場でエクイティファイナンスを続けている。赤字の許容額が違うんだ。つまり異なるルールで同じゲームをしているようなもの。これは本当に挑戦したい人にとってはすごく難しい。

でも僕は、そこそこ成功できる日本というマーケットで多くの成功事例を作りたいし、そのような中でも本当に大きな成功をどうやって作っていくかが自分の中では大きなテーマなんだけどね。

バナヤン:今の日本にはどんな可能性がある?

佐俣:日本のテクノロジーを使った起業はすごく可能性があると思うよ。例えば尿一滴でがんを検出する会社とか、宇宙で船外活動するロボットを開発する会社とかに僕らは投資をしている。そういう注目されるべき、最先端の技術が日本にはたくさんある。

『サードドア』のあとにやりたいこと

上杉:アレックスは、自分のプロジェクトを成功させて、『サードドア』を出版して、今度はそれがアメリカのみならず世界的に広まっているんですよね。次の展開は何か考えていますか?

アレックス・バナヤン/作家、スピーカー。1992年8月10日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。大学1年生の期末試験の前日、アメリカの有名なテレビ番組『プライス・イズ・ライト』に出場し、世界で屈指の成功者たちから「自分らしい人生の始め方」を学ぼうと旅に出る。19歳のとき、シリコンバレー史上最年少のベンチャーキャピタルとなる。また、アメリカの大手出版社クラウン・ブリッシャーズ史上、同社と契約した最年少の作家となる。『フォーブス』誌「30歳未満の30人」、『ビジネス・インサイダー』誌「30歳未満の最高にパワフルな人物」に選出(撮影:今井康一)

バナヤン:今の僕の目標は、この本のメッセージをより多くの人とどう共有していくか、ということ。「この世のすべてのすばらしいものは、7年から8年かけて成熟する」というスティーブ・ジョブズの言葉がある。

僕は7年かけてリサーチして、インタビューして、この本を書き上げた。次の7年間は、この本のメッセージをどう共有するか。その規模を広げていくための期間だと思っている。だから今年は、セカンドステージの1年目。

佐俣:執筆するのはすごい大変な作業だったでしょう。僕は、自分が挑戦しているときはとにかく必死で、人にそれをシェアしようという余裕なんてなかった。でも山頂にたどり着くための登り方をシェアしたほうが、皆が幸せになれる。アレックスは20歳くらいでそれに気づいているんだから、尊敬するよ。

バナヤン:書き始めた当初は、自分の知っていることをできる限り書き込もうと思っていた。でも書き終わってみたら、目的が変わっていたんだ。次の世代のみんなに、自分の可能性を信じてもらいたい。この本がそのきっかけになればいいって。

次ページ興味を引かれたアプローチの仕方は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。