STAP細胞「女性・30歳」報道は日韓だけ?

なぜ年齢と性別が、これほど重視されてしまうのか

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
その研究成果は、「若い」「女性」などは関係なく、すばらしいものです。(写真:毎日新聞社/アフロ)

愛らしい若い女性が、世界を驚かせるような大発見をした。いや、わかりますよ、それを「科学面」の記事ではなく、「社会面」みたいな話にしたくなるって。ですから、それだけで「性差別だ!」と目くじらを立てるのもためらわれます。

でも研究者としては、やっぱり「割烹着」の逸話や「壁がピンク」なんてことよりも、研究内容を詳しく知りたいと思ってしまい、新聞やテレビを見ながら、「なんだかなぁ……」と思えてきたのです。どうして研究者の私生活まで暴くような報道になってしまうんでしょう。小保方さん自身が、理化学研究所のウェブサイト上で、プライバシーにかかわる報道の過熱に困惑するコメントを表明されています。

なぜこんなことが起きるのでしょうか? 結論を先取りすれば、この報道の背後には明らかに、日本社会が持つ、年齢と性別に対する偏見があるように思われるのです。

次ページ東大にも、「リケジョ」は少ない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT