東大卒女性の結婚相手は、7割が東大卒?

結婚と学歴の間に交錯するホンネとタテマエ

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
東大女子は、赤門を出るまでに相手を見つけなければ……と焦るという。(撮影:尾形 文繁)

結婚相手の学歴って気になりますか? 女性の読者なら自分と同等以上、男性の読者だと自分と同等以下がいいという感覚がありますか?

東大の教員がいきなり「結婚相手の学歴がどうのこうの」なんて、イヤミなやつと思われたかもしれません。ところが実はこれ、「女性の学歴上昇婚」(女性は自分と同等以上の学歴の人と結婚したがる)という学界での仮説が当てはまるかどうかを検証するための質問なのです。

結婚したくても結婚できない社会

日本では、今、20代後半から30代にかけての未婚率が男女ともどんどん高くなっています。20代後半の女性の未婚率は60.3%、30代前半の男性の未婚率も47.3%(2010年国勢調査)。いずれも1980年の約2.5倍(24.0%と21.5%)です。生涯未婚率(50歳時の未婚率、2010年)も男性で20.1%、女性で10.6%。日本はもはや皆婚社会(みんなが結婚する社会)でなくなりつつあると言ってよいでしょう。

次ページ質問の仕方によってホンネを引き出す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT