東大卒女性の結婚相手は、7割が東大卒?

結婚と学歴の間に交錯するホンネとタテマエ

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
東大女子は、赤門を出るまでに相手を見つけなければ……と焦るという。(撮影:尾形 文繁)

結婚相手の学歴って気になりますか? 女性の読者なら自分と同等以上、男性の読者だと自分と同等以下がいいという感覚がありますか?

東大の教員がいきなり「結婚相手の学歴がどうのこうの」なんて、イヤミなやつと思われたかもしれません。ところが実はこれ、「女性の学歴上昇婚」(女性は自分と同等以上の学歴の人と結婚したがる)という学界での仮説が当てはまるかどうかを検証するための質問なのです。

結婚したくても結婚できない社会

日本では、今、20代後半から30代にかけての未婚率が男女ともどんどん高くなっています。20代後半の女性の未婚率は60.3%、30代前半の男性の未婚率も47.3%(2010年国勢調査)。いずれも1980年の約2.5倍(24.0%と21.5%)です。生涯未婚率(50歳時の未婚率、2010年)も男性で20.1%、女性で10.6%。日本はもはや皆婚社会(みんなが結婚する社会)でなくなりつつあると言ってよいでしょう。

次ページ質問の仕方によってホンネを引き出す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。