東大ジェンダー学者の戦略的イクメン化計画

育児で男にできないことなんて、何ひとつない

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
子供の成長を見守るのは、とても幸せなことです。(撮影:M.Uchida)

男性の育児参加が当たり前の昨今、さすがに「イクメン」という言葉を知らない人はいないですよね。でも、何をもって「イクメン」と言うのでしょう?

お子さんのいる男性のみなさんは、ご自身を「イクメン」だと思っていらっしゃいますか? 逆に「俺はイクメンだ」なんて言ってしまって、パートナーの地雷を踏んだりしてませんか? 「これから子育て」というみなさんは、育児にどうかかわろうと思っていらっしゃいますか?

先日珍しく、イベント会社から出演打診の連絡がありました。イクメンのイベントとのこと。自治体などからの講演依頼はよくあるのですが、イベントというのはあまり経験がなく、でも、二児の父親として、子育てならけっこうやってきたつもりなので、とりあえず話を聞いてみることにしました。

子育て中の芸能人も一緒に参加するんだそうです。民放のテレビに流れるのはイヤなので、それさえなければ少し詳しく説明してくださいと伝えたところ……。

次ページその程度で、イクメン?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。