東大ジェンダー学者の戦略的イクメン化計画

育児で男にできないことなんて、何ひとつない

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
子供の成長を見守るのは、とても幸せなことです。(撮影:M.Uchida)

男性の育児参加が当たり前の昨今、さすがに「イクメン」という言葉を知らない人はいないですよね。でも、何をもって「イクメン」と言うのでしょう?

お子さんのいる男性のみなさんは、ご自身を「イクメン」だと思っていらっしゃいますか? 逆に「俺はイクメンだ」なんて言ってしまって、パートナーの地雷を踏んだりしてませんか? 「これから子育て」というみなさんは、育児にどうかかわろうと思っていらっしゃいますか?

先日珍しく、イベント会社から出演打診の連絡がありました。イクメンのイベントとのこと。自治体などからの講演依頼はよくあるのですが、イベントというのはあまり経験がなく、でも、二児の父親として、子育てならけっこうやってきたつもりなので、とりあえず話を聞いてみることにしました。

子育て中の芸能人も一緒に参加するんだそうです。民放のテレビに流れるのはイヤなので、それさえなければ少し詳しく説明してくださいと伝えたところ……。

次ページその程度で、イクメン?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT