東大ジェンダー学者の戦略的イクメン化計画

育児で男にできないことなんて、何ひとつない

アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。
子供の成長を見守るのは、とても幸せなことです。(撮影:M.Uchida)

男性の育児参加が当たり前の昨今、さすがに「イクメン」という言葉を知らない人はいないですよね。でも、何をもって「イクメン」と言うのでしょう?

お子さんのいる男性のみなさんは、ご自身を「イクメン」だと思っていらっしゃいますか? 逆に「俺はイクメンだ」なんて言ってしまって、パートナーの地雷を踏んだりしてませんか? 「これから子育て」というみなさんは、育児にどうかかわろうと思っていらっしゃいますか?

先日珍しく、イベント会社から出演打診の連絡がありました。イクメンのイベントとのこと。自治体などからの講演依頼はよくあるのですが、イベントというのはあまり経験がなく、でも、二児の父親として、子育てならけっこうやってきたつもりなので、とりあえず話を聞いてみることにしました。

子育て中の芸能人も一緒に参加するんだそうです。民放のテレビに流れるのはイヤなので、それさえなければ少し詳しく説明してくださいと伝えたところ……。

次ページその程度で、イクメン?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT