東大夫婦が「お勉強」より重視すること

ママは研究者、パパは主夫!

“東大夫婦”が子育てで重視することとは?(写真は堀込さん一家)

取材の待ち合わせは東大の赤門前。今回登場する堀込さん一家が「子どもたちを連れてよくキャンパス内で遊んでいる」ためだ。

夫婦ともに東大関係者。夫の泰三(たいぞう)さんは工学部で学び大学院を修了。妻の実苗(みなえ)さんは最近まで東大所属の研究者で、現在も客員研究員として籍を置く。職住近接で大学の近くに住んでおり、次男の耕平くんはキャンパス内の保育園に通っている。

記事に載せる家族写真を赤門前で撮りたいのですが……。「わかりやすい写真」を撮ろうと筆者が切りだすと、泰三さんにやんわり断られた。「そういうのはあまり好きじゃないので、別のところにしませんか」。

案内されたのは、赤門を入って数十メートルのところにある芝生の広場。渦巻き形のベンチがある、公園のようなスペースが、堀込さん一家のお気に入りだ。着くやいなや、2人の息子さんたちは裸足で走り始めた。20~30メートル先にある、大きな木のところまで全力で走っていき、こちらに戻ってくる。そして茂みの周りをぐるぐる回る。

そんな2人の様子を目の端にとらえつつ、インタビューに答えてくれた堀込さん夫妻が「危ない」と言ったのは、たった1回だった。子どもたちのすぐ後ろを車が徐行で通り過ぎたときだ。ちなみに2時間弱の取材撮影の間、「だめ」という言葉は、夫婦のどちらからも、一度も出てこなかった。

夏休みは23泊、男子3人夏物語

堀込さん夫婦の子育て方針は、あえて尋ねるまでもなく、こうした様子を見ているだけで伝わってくる。泰三さんが2人の息子に望むのは「自分でやりたいことを見つけられる子に育ってほしい」ということ。

重視するのは「体験」だ。峻平(しゅんぺい)くんが6歳で小学1年生、耕平(こうへい)くんが2歳で保育園児ということを考えると、まだ、勉強より遊びが優先なのも当然かもしれない。ただ、泰三さんの言う「体験」は普通の親の想像を超えるスケールのものだ。

たとえば夏休み。昨年は、泰三さんと峻平くん、耕平くんの3人、沖縄で1カ月暮らした。これを泰三さんは「男子3人夏物語」と呼ぶ。今年の夏は23泊24日、鹿児島市に3泊、船の中で2泊、奄美大島や与路島などの離島にも滞在し、種子島ではロケットの打ち上げも見た。

次ページなぜこんな子育てが可能に?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。