東大ジェンダー学者の戦略的イクメン化計画

育児で男にできないことなんて、何ひとつない

お風呂でイクメン?

なんでもイクメンをキーワードに、シャンプーの会社がバックについて、東京の大きな健康ランドで、パパとお風呂に入ろうというイベントをやるということでした。説明を聞いているうちにだんだんあきれるというか、腹が立ってきて、「すみません、私より適任の方がいらっしゃると思うので、ご遠慮させてください」とお断りしてしまいました。

風呂一緒に入るくらいで、イクメンとか言わんとってくれと思ったのです。もちろん悪いことではないですよ、お風呂に一緒に入るのは。そんな時間になかなか家に帰れないお父さんが多いからこそ、そういうキャンペーンが行われるのでしょうし、それには意味があると思います。

でも、たかだかお風呂に一緒に入るだけで、育児を分担していると勘違いするのだとしたら、やっぱりおかしいとしか思えませんでした。私がもし出たら、間違いなく「そんなんイクメンのうちに入りませんって」と言い放ってしまったでしょう。

私は10年間、2人の子どもの保育園の送迎をやっていました。まぁ、保育所が職場の中にあったので、当然といえば当然ですが、送り迎えを誰がするかなんぞ、議論の余地もなく、送迎合わせて9割以上、私でした。

保育園の連絡ノートも、私が書いているほうが断然多いはずです。熱を出したときに駆け付けるのも、当然、私です。予防接種に定期検診、99%お母さんしかいない空間でしたが、これも基本的に私の担当です。

覚悟してイクメンになる

「ろくに研究もしてへん大学の教員やからできんねやろ」とよく言われます。そうかもしれません。でも私は自分なりの覚悟を持って、仕事をセーブしながら子育て優先の態勢を作り、働いてきたつもりです。

そもそも学部を出て就職をすれば、安定した高収入の職に就けるところを、文系で大学院に行くというのはばくちです。それでも私は「働く女性をサポートし、自分が子育てと両立させながら働く」という自分の節を曲げない暮らしがしたいと思い、院に進みました。ですから、もともと子育てを優先できるような職を、必死で目指したのです。

30歳を過ぎて結婚を考え始めていた頃、当時の相手に「頼むから勝手に産まんとってな」と冗談めかして伝えていました。産まれたら最後、面倒は自分が中心になってみる。保育所は学内のところを使って、送迎は基本的に自分がやる。結婚する前から保育所を決めている男性というのは、けっこう珍しいかもしれません。

次ページ「育児休業の戦略的活用」とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT