ここぞの場面で「緊張する人、しない人」の大差

心拍数上昇、激しい動悸、声が震える人の対処

ビジネスでは緊張を強いられるシーンが多々ありますが、緊張を撃退するよい方法を紹介します(写真:perfecta/PIXTA)  
プレゼン、スピーチ、商談など、ビジネスの現場では緊張を強いられるシーンが多い。そんなとき頭が真っ白になり、しどろもどろになり、本来の自分の実力を発揮できず、悔やんだ経験のある人は少なくないだろう。20歳以上の男女1579人を対象に行われた緊張に関するアンケートでは、82%の人が「緊張しやすい」ことが判明している(ハピ研・アサヒグループホールディングス)。ならば、どうすればいいのか? 演技コーチの伊藤丈恭氏が著した『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』を一部抜粋し、再構成し、緊張を克服するための方法に迫る。

緊張しやすい自分をなんとかして変えたい

人生では公私にかかわらず、緊張を余儀なくされる場面が数多くありますよね。「緊張しないぞ!」と意気込んでも、「私は緊張していない!」と暗示をかけても、必死に深呼吸を繰り返しても、まったく効果がなく、それどころかますます緊張のドツボへ。その結果、本番や人間関係で大失敗――。もしかしたら、そんな経験をお持ちかもしれません。

私自身も、もともと緊張しやすい性格でした。俳優を志していた私は、出演した舞台やオーディションで何度となく失敗してきました。役柄になり切れなかったり、大事な場面でセリフが飛んでしまったり……。正直言って思い出したくないシーンがたくさんあります。そんな私だからこそ、緊張することに悩んでいる人の気持ちがよくわかります。緊張しやすい人のつらさは、そうではない人にはなかなか伝わらないものですから。

緊張しやすい人を指して、「他人の目線や評価を気にしすぎ」だとか、「自分のことしか考えていない」だとか、「準備が足りないから緊張する」だとか、あたかもモノの考え方や、事前の準備次第で緊張はとれるものだと主張する人がいます。あるいは、「緊張を生かしてハイパフォーマンスを発揮しよう」だとか、したり顔でいう人も増えています。そこで私は声を大にして言いたい。

「そんな余裕ないっつーの! モノの考え方で緊張がとれる? 準備を徹底すれば緊張しない? 腹式呼吸をすれば落ち着く? そんなことで解決するなら、だれも苦労しません! しかも何? 緊張を生かせ、とか、緊張を活用しろ、とか。緊張に悩んでいる人はそういうことじゃなくて、人前で話すときの、この苦痛や不安を、どうにか解消したいだけ!」

ちょっとテンションが上がってしまいましたが、あなたと同じく緊張しやすい私は、あなたの気持ちが痛いほどわかります。きっとこれまで、自分の性格や考え方に問題があるんだと、1人思い悩んでいたのではないでしょうか。

次ページなぜ大事な場面でテンパってしまうのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。