「肩書に執着する50男」ほど心が折れやすい理由

誰もが直面する「人生の2周目」の残酷な現実

ちなみに心理学者のアブラハム・マズローが提唱した有名な「欲求の5段階説」によると、この「承認欲求」は人間にとって重要な欲求であるとされています。彼は、人間の欲求は低次の段階から高次の段階まで5段階あります。

「生存の欲求」=動物として命を保ち、生存したいという欲求
「安全の欲求」=危険がなく、安全に、安心して生活したいという欲求
「愛と所属の欲求」=集団に属したり、パートナーや仲間を求める欲求
「承認欲求」=他者から評価されたい、褒められ認められたいという欲求
「自己実現欲求」=あるべき自分になりたい、成長したいという欲求

①から⑤までそれぞれ、その段階をクリアしないと次に進めないとしています。つまり、命の危険がある②にいる段階では、趣味のサークルに入りたいとか友達が欲しいといった③の欲求は出てこないということです。

ちなみに「承認欲求」は細かく分けると「他者承認欲求」と「自己承認欲求」に分かれていて、マズローの言う「承認欲求」は「他者承認欲求」と考えてよいでしょう。

「他者承認欲求」とはその字のごとく、他人からの承認ということ。「自己承認欲求」は自分で自分のことを認めることです。職場でもプライベートでも、私たちが社会生活の中で求めている承認欲求は、ほぼ「他者承認欲求」であると考えてよいと思います。

「名誉」を求めるのは人間の性

いずれにしても、承認欲求は人間にとって非常に重要で強い欲求です。例えば名誉職という言葉があります。実質の地位や肩書ではなく、名誉職だからいくら報酬をもらえるというものではありませんが、一種のステータス、権威があります。

『人生は「2周目」からがおもしろい』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

長嶋茂雄さんはジャイアンツの終身名誉監督という称号を得ています。長嶋さんくらいになればそんな称号など必要ないほどすでに国民的スターですが……。

印象深かったのは、ある大学の先生がお辞めになるときに「やっぱり『名誉教授』でも、ないよりはあるほうがいい」と本音を漏らしていたことです。

やはり、人間はいくつになっても名誉が欲しい動物なのです。名誉教授になったからといって、それが即収入につながるものではありません。お金よりも時には名誉、他者からの評価が価値を持つことがあるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT