「肩書に執着する50男」ほど心が折れやすい理由

誰もが直面する「人生の2周目」の残酷な現実

50代以降、職場環境は大きく変わります。役職定年になって役職から離れたり、再雇用となると、責任ある仕事から外されます。かつては組織のリーダーとしてスタッフを動かしていた立場から、書類作りなどの単純作業に回されると、プライドを傷つけられ目標を持てなくなり、モチベーションを失ってしまいがちです。

個人としては酷な話ですが、組織としては致し方ない部分があります。ずっと同じ人物が課長なり部長なりで頑張っていては、次の世代が活躍する場所がありません。今の時代、役職定年や再雇用を迎えられるならいいほうかもしれません。会社が倒産したり、リストラされてしまえば、それこそ肩書どころか行き場所も、稼ぎ場所も失ってしまいます。

地位や役職は50歳以降は一気に色あせるか、消えてしまう。それが2周目の現実です。ここで変化を受け入れられず、「どうしてこんな目に遭わないといけないんだ!」と被害者意識にとらわれてしまうと、思考が固まりどんどん悪いほうに流れてしまいます。

若い頃からずっと頑張ってきた自分、それなりに成果を上げ評価されてきた自分もいるでしょう。しかし、それは人生の1周目での出来事。過去にとらわれることなく、2周目に入った新しい人生の現実を受け入れ、新しい価値観と基準を自分の中で作らねばなりません。

男性ほど地位や肩書に溺れやすい

ビジネスパーソンである限り、一握りのエリートは別にして、ほとんどの人が50代でこの潮目の変化にさらされるのです。自分ばかりが不条理な思いをしていると考えるのではなく、皆同じ境遇の中で人生の2周目の目標やモチベーション、アイデンティティーを模索していると考えましょう。

一般的には、男性に比べて、女性は社会的な地位や肩書にそれほどこだわりません。キャリアのある女性は、それほど地位や肩書に依存している感じがしない。男性のほうが組織のポジション、肩書や地位にこだわる傾向が強いのです。

次ページ「男性の経歴自慢」に引く女性たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT