「ドラクエ5劇場版」ファンが心底落胆した理由

制作者の主張強すぎだ「ユア・ストーリー」

さて、肝心の映画内容だが、元の『ドラゴンクエスト5』は、父親、主人公、そしてその子どもたちという親子3代を通して、光の教団の幹部であるゲマを退治するというストーリーである。細部は違えど、映画版もだいたい同じだ。

最初こそ、いかにも「海外市場を意識しました」というようなCGのバタ臭さが気になる部分はあったが、徐々に絵柄にも慣れていった。唯一残念だったのは、父・パパスが殺されるシーンが「うわぁぁぁぁぁ」みたいな感じだったことくらいだ。もっとハッキリ「ぬわーーっっ!!」と発声してくれれば、一笑い起きたのに。

父の死後、主人公は光の教団の下で奴隷として10年間働かされるが、命からがら脱出。父と過ごした家に戻り、残された手記をきっかけに、主人公は勇者と母親を探す旅に出る。

旅の途中、いわゆる「結婚イベント」をこなした後、主人公の時間はゲマによって奪われてしまい石化してしまう。その間に成長した息子によって助けられ、妻や息子たちと一緒にゲマを倒すことに。

中盤まではまったく退屈しない良作

映画を見ながら正直に思ったことは、少なくともこの時点までは、僕にとってユア・ストーリーは十分に楽しめる娯楽作品だった。

ラインハット城の描写が端折られすぎて門と門番しか描かれず、城感がまったくないなどのツッコミどころはあったが、CGはドラクエ5の世界を十分に表現していたし、バトルシーンはモンスターたちの動きが細かく描写され、戦いには十分緊迫感があった。また、細かく笑わせる小ネタもあり、中だるみもなく、退屈することはなかった。

さらに、幼なじみのビアンカと、大富豪ルドマンの娘・フローラのどちらかを選ぶことに。結婚イベントでは、とてもビアンカがかわいらしく描かれ、ドラクエ5プレー時にはフローラを選んだ自分でも、ついビアンカを選んでみようかなと思ってしまうほどであった。

バトルやギャグを細かく入れながら、結婚イベントなどのストーリーの骨子となる重要なシーンはじっくりと時間を使って描かれ、緩急あるよい映画であった。そう、ゲマを倒すまではそうだったのだ。

次ページ【ネタバレ注意】問題のクライマックス
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。