1強スタバが「コーヒー職人育成」を急ぐ理由

自社だけに限らず業界自体の発展も課題だ

スターバックスのバリスタが淹れたラテアート=2018年10月当時(筆者撮影)

国内のカフェチェーンでは、スターバックスの突出ぶりが際立ってきた。

すでに店舗数は1400店を超え「1500店も視野に入ってきた」(関係者)。現在、国内店舗数が500店を超えるのは4社だが、1000店超は「スターバックス コーヒー」と「ドトールコーヒーショップ」だけ。10年前はドトールが1100店台、スタバは800店台と300店近く差をつけられていたが、現在は、逆にドトールに300店以上の差をつけている。

運営会社であるスターバックス コーヒー ジャパン(日本法人)の業績も他を圧倒する。売上高は1800億円を超え、ドトールコーヒーの約2.5倍だ。躍進が目立つ3位コメダと4位タリーズだが、スタバとは売上高で5~6倍もの差がある。

そのスタバが、このところ「バリスタ」(コーヒー職人)の強化に力を注いでいる。社内では「高いレベルでのコーヒーエデュケーション(教育・育成)の実践」を掲げる。

なぜ、バリスタ育成に力を入れるのか。今や同社の動きは、コーヒー業界を左右しかねないほどの存在感だ。最近の活動や背景を含めて考察してみた。

今年で16回目の「社内競技会」

8月22日、東京都内で「コーヒーアンバサダーカップ」と呼ぶ、競技会が行われた。

スターバックスの従業員(同社は「パートナー」と呼ぶ)がコーヒーの技術を競う、社内競技会の決勝大会だ。2000年に日本で始まり、現在は世界各地域でも実施される。

次ページ大会の参加者は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。