1強スタバが「コーヒー職人育成」を急ぐ理由

自社だけに限らず業界自体の発展も課題だ

ブラックエプロンは、年に1度、コーヒーに関する幅広い知識、コーヒー豆の特徴などを問う試験を実施し、合格者だけに与えられるものだ。受験者も合格者も、ほぼ右肩上がりで増えている。役員や本部社員も受験でき、合格すれば保持できる。

「2009年は1万1641人が受験し、合格者は412人(合格率3.5%)でしたが、2019年は1万6786人が受験して1922人が合格(同11%)と、パートナー(従業員)のコーヒーへの関心度は高まっています」(スターバックス コーヒー ジャパンの広報担当)

1回の合格者数は10年で4倍以上になったが、難関の試験だ。現在の女性営業本部長(40代)も入社時はバリスタだったように、努力次第で別の道も開かれる。会社としては、まずはバリスタを育成し、裾野を広げたいのが本音だ。同社の「コーヒーエデュケーションプログラム」ステップの真ん中にも「ブラックエプロンバリスタ」が位置づけられる。

2業態を併設した「東京ミッドタウン店」(港区赤坂)の外観。1階(右のロゴ)では「グリーンエプロン」スタッフが、2階(左のロゴ)では「ブラックエプロン」スタッフが接客する(筆者撮影)

直営店率9割超を「意識の高い」バイトで回す

4大コーヒーチェーンの店舗数のうち、直営店が9割を超えるのはスタバだけだ。コメダは逆に、9割以上がFC(フランチャイズチェーン)店となっている(同社は加盟店と呼ぶ)。

1400店以上の9割超が直営店ゆえ、コーヒーの知識や抽出・提供技術の高い従業員を自社で育成しなければならない。それは社員だろうがアルバイトだろうが、店舗で勤務する以上は同じだ。そもそも利用客にとって、接客相手の立場が社員かバイトかは関係ない。

アルバイトも含む全従業員を「パートナー」と呼び、“イコールパートナーシップ”(対等な関係)で業務にのぞむのも同社の特徴だ。今のところ、総じてうまく作用している。例えば、広報担当の女性(30代)は、大学時代は都内のスタバ店舗で4年アルバイトをした。卒業後は新卒で別の会社に就職したが、転職してスターバックスに入社した。同社には、こうした“出戻り”の例も多いと聞く。

次ページ大学時代に4年もスタバでバイトをした理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。