1強スタバが「コーヒー職人育成」を急ぐ理由

自社だけに限らず業界自体の発展も課題だ

JBC参戦もその一環で、意識の高いバリスタの“他流試合”を会社も支援する方針だ。来年以降、同社バリスタの再挑戦に期待したい。

「三方よし」は、業界トップ企業の責務

引いた視点で言えば、ここまでカフェチェーンでダントツの存在になったからこそ、スターバックスの果たす役割も大きいといえる。どの業界でもそうだが、競合として健全に競い合う一方で、業界全体のパイが広がらないと発展しない。

コーヒー業界は拡大しており、例えばコーヒー輸入量は、直近の2018年は45万2585トン。この数字は1980年の2倍以上で、2000年に40万トンの大台に乗ってからは、19年連続で40万トン超だ。(いずれも生豆換算の合計。財務省「通関統計」をもとにした全日本コーヒー協会の資料)。

トップ企業の同社に期待される役割も大きい。そのキーワードは、近江商人における「三方よし」(売り手よし・買い手よし・世間よし)の精神だと思う。

コーヒー業界は、まだまだ閉鎖的な一面も残る。スターバックスも以前は「情報を積極的に公開しない会社」だった。だが近年は、課題を克服しようとする意識が出てきた。

今回紹介したバリスタの強化が、単に1企業の話に終わっては「世間よし」もない。同社のチャレンジが他社や他業界の関心も高め、バリスタという職種の地位向上となり、人材が底上げされて業界の発展につながるか。引き続き、活動を見つめたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。