病院からゴディバまで、投資ファンドの最前線

プライベート・エクイティの投資額が急増

新しい形態の投資や投資の大型化が進む一方、PE投資に資金が流れ込み、近年は投資先企業の価格が高騰するなど、市場の過熱感も指摘されている。

「レバレッジ水準は、リーマンショック前の2006年ごろに近い。場合によってはそれを超える水準になっている」。CVCキャピタル・パートナーズの赤池敦史社長はそう指摘する。

かつてその倍はあったLBOファイナンスの金利水準は、(基準金利に上乗せした金利である)スプレッドで2~2.5%水準まで低下している。それだけ金余りとなっている証左だ。

赤池社長は「景気サイクルの調整局面には、企業価値が下がり、オーバーレバレッジ(過剰債務)になる。景気後退前にレバレッジを解消するなどの備えが重要だ」と警告する。

低金利下で利回りを求める投資家たち

世界の国債の4分の1がマイナス金利に沈む異様な環境にあって、利回りを求めてPEファンドへ出資を求める投資家は引きも切らない。

ブラックストーンは「来年1月から投資が始まる8号ファンドは史上最大の2.7兆円規模になる。成長市場はアジアで、全社的にもフォーカスを当てている」(前出の坂本氏)。

MBKの加笠氏は「リーマンショック後に資金が激減したが、戻ってきた。そのきっかけは2013~2014年以降に、日本に投資した案件がエグジットし、リターンが出たこと。単にリターンを出すだけでなく、投資先の会社を成長させたことが評価された」と話す。

【2019年8月29日13時18分注記】初出時の記事の、時期に関する記載を一部修正しました。

20世紀末にわが国でPEというビジネス手法が登場して、約20年が経過した。当初は「ハゲタカファンド」と忌避された存在も、得意分野や特色を出すなど、ファンドごとにすみ分けもできつつある。

日本の産業界に定着し、PE投資がこれまで同様にリターンをあげ続けることができるのか。それは今後到来すると思われる景気後退局面で、真価が問われることになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT