病院からゴディバまで、投資ファンドの最前線

プライベート・エクイティの投資額が急増

新しい形態の投資や投資の大型化が進む一方、PE投資に資金が流れ込み、近年は投資先企業の価格が高騰するなど、市場の過熱感も指摘されている。

「レバレッジ水準は、リーマンショック前の2006年ごろに近い。場合によってはそれを超える水準になっている」。CVCキャピタル・パートナーズの赤池敦史社長はそう指摘する。

かつてその倍はあったLBOファイナンスの金利水準は、(基準金利に上乗せした金利である)スプレッドで2~2.5%水準まで低下している。それだけ金余りとなっている証左だ。

赤池社長は「景気サイクルの調整局面には、企業価値が下がり、オーバーレバレッジ(過剰債務)になる。景気後退前にレバレッジを解消するなどの備えが重要だ」と警告する。

低金利下で利回りを求める投資家たち

世界の国債の4分の1がマイナス金利に沈む異様な環境にあって、利回りを求めてPEファンドへ出資を求める投資家は引きも切らない。

ブラックストーンは「来年1月から投資が始まる8号ファンドは史上最大の2.7兆円規模になる。成長市場はアジアで、全社的にもフォーカスを当てている」(前出の坂本氏)。

MBKの加笠氏は「リーマンショック後に資金が激減したが、戻ってきた。そのきっかけは2013~2014年以降に、日本に投資した案件がエグジットし、リターンが出たこと。単にリターンを出すだけでなく、投資先の会社を成長させたことが評価された」と話す。

【2019年8月29日13時18分注記】初出時の記事の、時期に関する記載を一部修正しました。

20世紀末にわが国でPEというビジネス手法が登場して、約20年が経過した。当初は「ハゲタカファンド」と忌避された存在も、得意分野や特色を出すなど、ファンドごとにすみ分けもできつつある。

日本の産業界に定着し、PE投資がこれまで同様にリターンをあげ続けることができるのか。それは今後到来すると思われる景気後退局面で、真価が問われることになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。