病院からゴディバまで、投資ファンドの最前線

プライベート・エクイティの投資額が急増

ゴディバ、あゆみのほか、ベインキャピタルによるワークスアプリのHR部門の買収――。今年に入り、大型ディール(取引)が次々と飛び出している。

「消費業界におけるわれわれのトラックレコードが認められた」

日中韓に特化したアジア最大級の独立系PE、MBKパートナーズは今年6月、トルコの食品大手「ユルドゥズ・ホールディングス」から、プレミアムチョコレートブランドのゴディバ ジャパンなどを1000億円超とされる金額で買収した。

ゴディバの展開余地はまだある

MBKは現在、4号ファンドで国内外の大手公的年金や金融機関などから預かった約4500億円を運用している。

「注目している投資テーマはMBOやカーブアウト」と話すMBKパートナーズの加笠研一郎代表(撮影:今井康一)

MBKは日本でUSJやコメダ珈琲など、消費財・小売りなど内需関連分野に投資してきており、ゴディバは8社目。ゴディバはニューヨークに本社を置くが、工場はベルギー、ロンドンにも拠点があるなど経営資源が分散され、商品開発のスピードが落ちていたようだ。

MBKの加笠研一郎代表は「日本でもすでにチョコ以外の売り上げが増えていて、ビスケットやクッキーなどの売り上げはすでに半分近くを占めている。デパートやショッピングモールの出店の余地はあり、コンビニやスーパーなどへの卸売りチャネルの開拓も進めていく」と話す。

金融情報企業のリフィニティブによると、2018年~2019年はPEによる投資金額が膨らんでいる。大型案件が増えたことが要因で、ベインキャピタル率いるPE企業連合による東芝メモリの買収や、KKR傘下のカルソニックカンセイがマニエッティ・マレリを買収した案件が含まれる。

加笠氏は「今の環境下で注目している投資テーマはMBOやカーブアウト。コーポレートガバナンスなど、上場に不自由さを感じて非公開化を考える経営陣が増えており、PEが関与する余地が出てきている。案件も大型化している」とみる。

次ページ近年は投資先企業の価格が高騰
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。