病院からゴディバまで、投資ファンドの最前線 プライベート・エクイティの投資額が急増

拡大
縮小
投資ファンドが医療法人へ投資する案件が登場した。写真は埼玉県の熊谷外科病院(記者撮影)

この7月末、ある老舗の投資ファンドが埼玉県の病院への投資を決めた。このファンドは、中堅プライベート・エクイティ(PE)のユニゾン・キャピタル(以下、ユニゾン)。埼玉県熊谷市で熊谷外科病院を経営する医療法人に対し、約20億円を融資する。

PEは大企業のカーブアウト(事業部門の切り出し)や事業承継などをテーマに、民間企業に投資することが通例だった。しかし、今回はPEとして初めて、病院に投資する。

今後も病院投資を拡大

ユニゾンの河野鉄平パートナーは、「これまでジェネリックや長期収載品、調剤薬局などに投資するなど、われわれはヘルスケア部門を得意としてきた。今回は不動産投資という位置づけではなく、医療機関のオペレーター(運営者)としていかにバリューアップするかだ」と意義づける。

同病院は1935年の開設で、ベッド数154床。中堅の2次救急指定病院だ。埼玉県に提出された2018年3月期の財務諸表によると、総資産は約19億円で2840万円の繰越損失がある。株式会社と異なり、医療法人への出資はできないが、ユニゾンは今回、法人の意思決定機関である社員総会の過半数の議決を行使できる形で資金を提供するという。

ユニゾンの狙いは、こうした病院投資を今後20~30まで増やし、病院周りの食事やリネンサービスを手がけるメディカルサービス会社を設立し、病院からの外注を受託していくことだ。救急中心の同病院の経営をリハビリ中心に変えていく。

次ページ買収したあゆみ製薬を業界再編の軸に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT