夫の不倫に10年耐えた妻と子の「意外なその後」 "既婚者同士のW不倫"に翻弄され続けた結末

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

一気に急接近した2人は順調にデートを重ね、2カ月後には同棲を開始。2年後には入籍を果たす。基本的には平穏な日常だったが、ともに暮らし始めて以降、澄佳さんは夫のお金の管理方法に違和感を覚えていた。共働きだった2人の財布はすべて一括化。管理するのは夫で、澄佳さんはそこからお小遣いをもらうという形だったが、夫婦の食費と澄佳さんのお小遣い込みで3万円だったという。

「食費はなんとか切り詰めていましたが、結構苦しかったですね。だって収入は、2人合わせて月に50万円以上あったはずなんですよ。残りの47万円、どこに行ってるの?と。後からわかったんですけど、実は夫は着々と独立資金を貯めていたみたいなんです」

出産後から女性の影がちらつくように

入籍後、すぐに第一子(男児)を妊娠した澄佳さんだったが、そんなタイミングで夫は脱サラを決行。澄佳さんの出産後すぐに、パーソナルトレーナーとしてトレーニングジムを開業した。驚いた澄佳さんだったが、自信満々の夫の行動に口出しすることはできなかった。開業後のドタバタの中、夫が子育てに参加することはほとんどなし。しかもその頃から、女性の影がちらつくようになった。

「相手は、夫のジムの宣材モデルを務めた女性でした。夫は私のことを完全になめきっていたので、家中に証拠を残すんですよね。ラブラブなメール画面を平然と開きっぱなしにしていたり、クリスマスの夜に、明らかにデートで訪れた高級レストランのレシートが机に置いてあったり……。もちろん衝撃は受けましたけど、子どももまだ小さいし、ちょっとした気の迷いだろうと割り切って、友達に愚痴を吐く程度にとどめました」

彼女との付き合いは程なくしてフェードアウトしたかのように見えた。第二子(女児)も授かり、家族での生活も安定してきたかに思えた頃。新しい女性の存在が浮上した。相手は、夫が開業当時に副業として講師を務めていたマッサージスクールの生徒だった女性だ。同窓会のような形で開催された飲み会から帰ってきた夫が、悪びれず澄佳さんに彼女の話題を切り出した。

「『久々にあったクラスの生徒から、トライアスロンに誘われたんだよね』と。興味があるから、これからグッズをそろえて本格的にやってみたい、という話でした。

何となく嫌な予感がした私は、その日以来、彼女のフェイスブックをチェックするようになりました。すると、夫と同じ場所に頻繁に出掛けている様子が見え始め、しまいには、海外の大会に出ると言って出掛けた夫と同じリゾートホテルのプールサイドで撮ったツーショットを公開していたんです。正直呆れました」

当てつけなのか、詰めが甘いのか。どちらにしろ、澄佳さんをなめきった態度に、むなしさと悔しさがこみ上げてきた。その後も、夫の放置したスマホのホーム画面には、性的関係を匂わせるメッセージが頻繁にポップアップして上がってくる。すべての証拠を写メに残しながらも、澄佳さんは黙認を続けた。

というのも、フェイスブックの彼女のステータスには「既婚」の文字があったのだ。互いに一時の火遊びだ、夫も家庭を捨てるまでの行動には出ないだろう。なぜか淡々と受け入れてしまう自分を、どこか客観的に眺めている澄佳さんがいた。しかし、事態は急展開を迎える。

次ページそれはこっちが言うべきセリフじゃないの?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT