夫の不倫に10年耐えた妻と子の「意外なその後」 "既婚者同士のW不倫"に翻弄され続けた結末

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

そして離婚から2年が経ち、澄佳さんと中学1年生の息子、小学2年生の娘は実家を離れ、3人で地元のマンションで暮らしている。

「家賃は10万円で、下町にしては安くはないほうです。でも夫からの定期的な支払い、一人親手当、私のパート代を合わせると、だいたい月に40万円ほどの収入があるので、3人で十分やっていけています。

結婚していた時代、何を言っても夫にはかなわないと思っていたから、女性問題もお小遣いの少なさにもじっと耐えてきました。そんなストレスから解放されて、あの時代が嘘のように、のびのびと暮らしています。今は、もしかしたら夫のほうが生きづらい状況にあるんじゃないかと。まだ彼女とも再婚していないみたいですし」

元夫の家族に地元の友人達…と、孤独感はなし

というのも、なんと、澄佳さんはいまだに2人の子どもとともに、夫の故郷への里帰りを欠かしていないというのだ。関西の田舎に1人で暮らす80歳の義母や、夫の兄弟やその家族たちと澄佳さんはとても仲がいい。

「みんないい人たちばかりで、大好きなんです。子どもの従兄弟たちもたくさんいるし。夫は昔から里帰りには乗り気じゃなくて、私が無理に引っ張って帰っていたくらいだったこともあり、今ではまったく実家に寄りつかないみたいですね。夫の親戚は、夫にはもう金輪際関わりたくないと、猛反発されています。夫も彼女もさすがに気まずくて、簡単に再婚というわけにはいかないんじゃないでしょうか…」

そしてもう1つ、澄佳さんには“地元の仲間”という心強い味方がいる。澄佳さんの住む町は、都内でも有数のにぎやかな下町だ。地元を愛する人が多く、幼少期からの幼なじみや小さな頃からかわいがってくれたおばさんたちもいまだに同じ町に暮らしている。

「孤独感? まったくないです。近所には気心の知れた友人がたくさん住んでいるし、母子家庭ということもあって、ママ友やその子どもたちも、遠慮せずにうちに出入りしています(笑)。とにかく毎日にぎやか。子どもたちも今では『パパのことはもうどうでもいい、ママがいれば十分』と意思表示をしてくれて、私もホッと安心しています」

笑顔で終始朗らかに話す澄佳さんだが、いずれ夫からの生活費の振り込みが途絶えることがあれば、「法的措置に出ることも辞さない」と毅然と言い切る。夫の不倫やモラハラに怯えていた頃の澄佳さんはもういないのだろう。

そして改めて、人と人とのつながりの大切さを感じさせられた。シングル家庭にどうしても付きまとう孤独・孤立。その闇から逃れるためには、周囲からの精神的支えが絶対的に必要となる。澄佳さんが丁寧に培ってきた人間関係が、今、3人となった家庭を明るく照らしている。

本連載では、取材をさせていただける方を募集しています。お子さんがいて離婚をされた方の応募をお待ちしております。ご応募はこちらのフォームより。
波多野 友子 ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はたの ともこ / Tomoko Hatano

日本大学芸術学部写真学科卒。大手テーマパークでオフィシャルフォトグラファーを務めた後、2012年にフリーライターへ転身。執筆は企業オウンドメディア、女性向けメディア、サッカーメディアなど多岐にわたる。育児や女性の働き方に関心を寄せる1児の母でもある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT