「相談役・顧問」が多い企業100社ランキング

1位はパソナとIHIの30人、上位企業は?

相談役・顧問制度について東洋経済では調査を実施しました(写真:8x10/PIXTA)

2018年1月から各社のコーポレート・ガバナンス報告書で、代表取締役社長等経験者が就任した相談役・顧問に関して任意開示されることとなった。東芝の不正会計問題発覚時(2015年)に、同社の相談役や顧問の経営への関与が影響したと疑われ、その存在が外部に開示されていなかったことなどが問題視され、この開示につながったといわれる。

『CSR企業総覧【ESG編】』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

この動きを受けて、「第13回東洋経済CSR調査」(2017年6~10月実施)から、調査票に「相談役・顧問制度」に関する質問項目を加えて調査を開始した。

質問項目の内容は代表取締役社長等の経験者以外も含む相談役・顧問の状況についてであるが、「第14回東洋経済CSR調査」(2018年6~10月実施)でも同じ質問項目で調査したところ、初調査の1071社を上回る1127社から回答があった。

以下、初調査の際と同様に回答で得られたデータを用いて集計結果やラインキングなどを紹介していく。

まず、相談役・顧問制度の有無について見ると、「あり」60.4%(681社)、「なし」34.4%(388社)、「その他」5.1%(58社)という結果になっている。

回答企業の6割超が制度導入

初調査結果に比べて「あり」と回答した企業の割合は2.0ポイント下がっているものの、今回調査結果でもまだ6割を超えている。また、「その他」58社についても「(相談役制度の導入はない、あるいは廃止したが)顧問制度のみは導入」「導入していないが、個別に委任することがある」といった内容に加え、相談役や顧問の人数が回答されているケースも少なくなく、初調査時と同様に、「制度が」実質的に「あり」と判断できそうなケースが目立つ。

次ページ導入目的については?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング