映画「天気の子」が体現したアニメ映画の新価値

ファンタジーからリアリティーへの転換

新海誠監督の最新作『天気の子』は全国東宝系で公開中 ©2019「天気の子」製作委員会

2002年の5月4日。ゴールディンウィークを利用して向かった広島は雨。楽しみにしていた広島市民球場でのカープ対タイガース戦が中止となり、仕方がなく近くの映画館でロングラン上映されていた『千と千尋の神隠し』を見た。

それまで、アニメ映画やジブリなどにまったく興味がなかった私だが、あろうことか、開始早々、ものの5分くらいで画面に引き込まれ、千尋にもぐんぐん感情移入し、ファンタジックな作品の世界にどっぷりと浸かった。気が付いたら、親子連れのど真ん中で、滂沱(ぼうだ)の涙を流していた。

この連載の一覧はこちら

新海誠監督の前作『君の名は。』(2016年)についても、『千と千尋~』ほどではないものの、瀧と三葉、そして彗星落下と「タイムリープ」が織りなす映像美に没入、十分に満足した。

言いたいことは、『千と千尋~』と『君の名は。』という、歴代邦画興行収入ランキングのトップ2となっているアニメ映画と、7月19日に公開された今作の『天気の子』には、印象のズレがかなりあったことだ。

もう少し具体的に言えば、『君の名は。』に対して『天気の子』には「地味」な印象を抱いたのである。

「君の名は。」の二番煎じではない「天気の子」

彗星落下のような強烈な天変地異ではなく、ただ雨がひたすら降り続くこと、ダイナミックに時制をまたがる「タイムリープ」もしないこと、さらに何といっても、主人公=帆高と陽菜の生活シーンが「地味」、もっと言えば「貧乏」なのである。

ロケーションで言えば、代々木の廃ビルに始まり、歌舞伎町の雑居ビルの入り口、ネットカフェ、ファストフード店、田端の木造アパート、ラブホテルなど。またそれらの場所で2人は、インスタントラーメン、ポテトチップス、カップ麺などのジャンクフードをほおばるのだ(実においしそうに!)。

ストーリーも『千と千尋~』や『君の名は。』と比べると、観客に与えるカタルシスが弱く、見終わった瞬間「あー、スッキリした!」と感じにくい作品だった。

次ページ識者は『天気の子』をどのように評価したのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT