映画「天気の子」が体現したアニメ映画の新価値

ファンタジーからリアリティーへの転換

まとめると、貧困・不自由・心配に溢れた閉塞社会(その象徴としての東京)を描くこと、そして、それを笑顔で快活に乗り越えていく少年少女を描くこと。もっとシンプルに青臭く言えば、これからの現実を生きる若者への応援こそが、『天気の子』に込められたメッセージだったのだ。

言い換えれば、この作品は、「ファンタジーからリアリティーへの価値転換」という、(メジャー)アニメ映画界における、劇的なパラダイムチェンジを、鮮やかな形で推進した映画と見ることができよう。

新海誠監督の最新作『天気の子』は全国東宝系で公開中 ©2019「天気の子」製作委員会

閉塞した現実を忘れさせるカタルシスを与える「ファンタジー価値」から、閉塞した現実をむき出し、直視させ、それを乗り越えるためのモチベーションを与える「リアリティー価値」への転換。

そう考えると、識者の言う「東京の閉塞・破壊」や「放射能」というテーマも相反せず包含できる。またこの作品が、ファンタジー・アニメの系譜でもありながら、昨年の『万引き家族』や今年の『新聞記者』などのリアリティー映画の系譜でもあると位置づけられる(なお私のこの連載ではこの両映画についても批評している。内容的に今回と共通するところがあるのでご一読いただきたい)。

天気の子が成功した要因

ただし『天気の子』には、雲の上(中)の映像美など、「ファンタジー」要素も含んでいる。つまりは、「価値転換」の途上としての「ファンタジーからリアリティーの両立」こそが、この作品の大きな成功要因だったのではないか。

だからこそ、『君の名は。』の続編を期待した層も、「リアリティー」という新しい価値に誘引された層も、両方とも満足させた結果、現在の大ヒットにつながっていると見るのだ。

最後に私自身の評価を書き添えれば、『天気の子』には、『君の名は。』よりも高得点をつけた。歳のせい(で「すれっからし」になったせい)か「ファンタジー」に身を委ねるのが、しんどくなってきたこともあろうが、同じく歳のせいか、健気に頑張る若者の姿には、理屈抜きに胸が熱くなることも加勢したと思う。

ということは、今後、そういう「リアリティー」価値に誘引されるミドル・シニア層の観客を継続的に上乗せできる可能性がある。そう考えると「ファンタジーからリアリティーの両立」に成功した映画=『天気の子』の未来は明るい。見渡す限り一点の雲もない快晴だ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。