今回の暴落は、短期投資家筋の独り相撲だ

やっぱり、2014年の市場は退屈だ

急落したアルゼンチンペソ(AP/アフロ)

今回のコラムでは、「バーナンキFRB議長、最後のFOMC」ということが「一つのお題」だったが、正直、気乗りがしなかった。市場もアルゼンチン通貨危機から大幅下落しているし、絶好のネタの豊富なタイミングと思われているかもしれないが、そうではない。今の市場はつまらない。それが、今回のポイントだ。

自作自演の「仕掛け相場」に惑わされるな

前回のコラムでは、「2014年の市場は退屈への反乱に警戒せよ」と書いたが、まさに、今回のアルゼンチン危機もそうであるし、FOMCを受けて、株価は下がっているが(現在の執筆時点は1月30日午前である)、これはFOMCとは関係がないし、本質的な意味もない。2013年12月に上がりすぎた分、下がっているのであり、円安になりすぎた分、円高に戻しているだけなのだ。

それもすべて短期投資家筋の独り相撲だ。自作自演の仕掛け相場と言ってもいいが、そんなものにいまさらひっかかる投資家は少数派で、ほとんど全体の市場の流れには影響がない。

もちろん、FOMCも影響を受けず、新興国通貨の波乱には動じず、淡々と量的緩和による資産買入額の縮小を発表した(念のためだが、まだ量的緩和は拡大しているのである。拡大が終了するのが年内かどうか、ということで、量的緩和(というよりバランスシートポリシー)は、当分終わらない)。

次ページ悪い政策と長期的リスク蓄積が続いているだけ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT