今回の暴落は、短期投資家筋の独り相撲だ

やっぱり、2014年の市場は退屈だ

急落したアルゼンチンペソ(AP/アフロ)

今回のコラムでは、「バーナンキFRB議長、最後のFOMC」ということが「一つのお題」だったが、正直、気乗りがしなかった。市場もアルゼンチン通貨危機から大幅下落しているし、絶好のネタの豊富なタイミングと思われているかもしれないが、そうではない。今の市場はつまらない。それが、今回のポイントだ。

自作自演の「仕掛け相場」に惑わされるな

前回のコラムでは、「2014年の市場は退屈への反乱に警戒せよ」と書いたが、まさに、今回のアルゼンチン危機もそうであるし、FOMCを受けて、株価は下がっているが(現在の執筆時点は1月30日午前である)、これはFOMCとは関係がないし、本質的な意味もない。2013年12月に上がりすぎた分、下がっているのであり、円安になりすぎた分、円高に戻しているだけなのだ。

それもすべて短期投資家筋の独り相撲だ。自作自演の仕掛け相場と言ってもいいが、そんなものにいまさらひっかかる投資家は少数派で、ほとんど全体の市場の流れには影響がない。

もちろん、FOMCも影響を受けず、新興国通貨の波乱には動じず、淡々と量的緩和による資産買入額の縮小を発表した(念のためだが、まだ量的緩和は拡大しているのである。拡大が終了するのが年内かどうか、ということで、量的緩和(というよりバランスシートポリシー)は、当分終わらない)。

次ページ悪い政策と長期的リスク蓄積が続いているだけ
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。