インドのスラム街ツアーで見えた現実と未来

スラムはビッグビジネス?! ②

 住人たちが幸せな理由

ダラビに入ったときから感じていたことだけど、街の衛生面は最悪だ。

伝染病など流行ったりしないのだろうか。聞くところによると、

モンスーンの時期は、デング熱やマラリアなどが流行するそうだ。

しかし、住人たちはダラビ内にある政府の病院にて無料で医療を

受けられる。ちなみに公立学校もあり、教育を受けることもできる。

スラムは政府の土地なので、一応の福祉も整っているというわけだ。

 

地面には直径2センチほどの黒い管が何本も走っていて、各家庭に続く。

24時間、いつでも水が出るわけではないそうだが、これは水道管。

さらに、電気もきていて、望めばネットもできる。

基本的なインフラは一応、そろっている。一応。

そんなダラビを、ファイブスタースラム、とガイドは呼ぶ。

みんな喜んでダラビに住むのは、人々はここよりもひどいところから

やってくるわけで、そんな場所はインドに無数に存在している。

ダラビにいても家には住めず、工場に寝泊まりする人もいる

というので、住人は幸せなほうなのである。

水を冷たく保つ、冷蔵庫と呼ばれる壷
次ページ自分の家にトイレがある人は1%
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。