インドのスラム街ツアーで見えた現実と未来

スラムはビッグビジネス?! ②

 悪しき風習、ダウリー

インドといえばカーストと呼ばれる身分制度が思い浮かぶだろう。

これは身分というよりも、職業差別というほうが正確かもしれない。

1950年に憲法で全面禁止されたが、社会には根強く残っている。

それに伴った風習もいくつか存在していて、そのひとつが、ダウリー。

これは結婚の際、女性の家から男性の家におカネや家財道具を贈るもの。

金銭が満たないと花嫁を傷つけることもあり、社会問題となっている。

これらはすべて違法だが、今でもダラビでは行われているそうだ。

 

そんな悪しき風習を変え、厳しい労働環境を改善しようとしてるのが、

このツアーの企画者であるNGO団体「REALITY」である。

公立学校は約80人の生徒に対して1人の教師。これでは子どもが

充分な教育を受けられないということで、コミュニティセンターを作り、

語学、芸術、特殊技術などの特別教育を少人数クラスで開いている。

子どもたちが変われば、ここの未来も変わるはず。

そんな言葉を口にしたガイドの目が、強く、美しく見えた。

子どもたちは、少人数で様々な教育を受けられる
次ページ巨額の納税をするスラムの人々
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。