インドと日本はまったく違うようで似ている

【最終回】ぼくはインドが大嫌いで、大好きだ。

電通の若きクリエーター、三浦北斗。
独特の切り口で、あたらしい時代のクリエーティブを目指す彼は、会社の人材交流プロジェクトによって、突然、電通インド支社で3カ月働くことに。現地から、人、仕事、遊び事情を、ライブ感たっぷりでお届けするインド滞在記。
( ブログ「まいにちインド」は、こちら

 

日本に帰ってきて発見したこと

インドから帰国して10日経った。

水道水はそのまま飲めるし、スモッグはないし、牛肉はおいしい。

近くの温泉に行ったり、トビラがちゃんと閉まる電車にも乗った。

100日前まで当たり前だった何もかもに、ありがたさを感じる。

行く前は、インドにあるものを見たり、聞いたり、触れたりして、

いろんな発見があるんだろうなと思っていた。

確かにそれもあったけど、帰国して発見することのほうが多い。

今まで気づかなかったことに、よく気づくようになった気がする。

 

たとえば、日本にいると、ほぼ何もしゃべらなくても1日過ごせる。

お弁当を買えば、温めますか?と聞いてくれ、至る所で過剰なまでの

説明やアナウンスが流れる。みんなすべてを言ってくれる。

これがインドでは自分から言わないとダメだ。

やってくれる、これは当たり前だ、というものがない。

タクシーやリクシャに乗る前は金額交渉するとか、食事の前には

ベジかノンベジか、とか。 

いつもの風景だったはずの日常が、新鮮に見える
次ページインドと日本の共通点は「独特」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。