インドのスラム街ツアーで見えた現実と未来

スラムはビッグビジネス?! ②

電通の若きクリエーター、三浦北斗。
独特の切り口で、あたらしい時代のクリエーティブを目指す彼は、会社の人材交流プロジェクトによって、突然、電通インド支社で3カ月働くことに。現地から、人、仕事、遊び事情を、ライブ感たっぷりでお届けするインド滞在記。
( ブログ「まいにちインド」は、こちら

 

宗教闘争が原因で住むエリアが分断

コマーシャルゾーン(商業地区)をひととおり見終わると、

川を渡ってレジデンスゾーン(居住地区)へ向かった。

川は濁った緑色で、炭酸ガスが中から吹き出している。

この水は、そのままアラビア海に流れ出るはず。

当然、ムンバイのビーチで泳いでいる人など見たことがない。

 

レジデンスゾーンに入ると、ガイドが説明を始めた。

ムスリムとヒンドゥーの人たちは住んでいるエリアが分かれている。

それは1992年12月に起こった北インドのモスク襲撃による全国

各地に広がった宗教闘争が原因で、ここダラビでも約900人が

死亡する大事件となった。これを機に住処が分かれてしまったが、

時が経った今、両宗教はみな平和に共存している。

その証拠に、とガイドが指した先には、ヒンドゥーの像があった。

このムスリムのレジデンスゾーンで生産されているというのだ。

 

ホテルの余った石けんを固めてブラックソープに

 細く、暗い路地を進むと、茶色い塊を大量に置く家に通された。

ここでムンバイのチョコレートを作っている、と言うガイド。

え?! これを食べるわけ?と驚くと、冗談だよと笑われてしまった。

なにがどこまで冗談なのか、ここじゃわかんないよ……。

本当は、この茶色い塊はブラックソープと言われていて、

ホテルなどの余り石けんを溶かして、もう一度固めたものらしい。

カラダに使うには酸が強すぎるため、スプーンや皿を洗う洗剤

として売られるという。

チョコレートはウソだが、食べ物が作られていないわけでもない。

ムンバイの人々の朝ご飯として有名なビスケットなどは、こういった

スラムで作られている。生地をこねて、釜で焼き、簡易パックされる。 

次ページダラビに住む人々が幸せな理由
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。