インドのスラム街ツアーで見えた現実と未来

スラムはビッグビジネス?! ②

自分の家にトイレがある人は1%

だいたい家賃は、月3000インドルピー(約5100円)。

とても狭く、室内は4畳くらい。ほとんどの家にトイレなどはない。

ダラビの71%の人はパブリックトイレを使っている。

27%は外で適当に済ませ、1%がペイトイレ(有料トイレ)を使う。

そして、残りの1%が自分の家にトイレをもってる人たちだという。

 

さらに歩いていると、やわらかい陽が差し込む広場に出た。

ここでは女性たちがパーパドと呼ばれる、ピリっと辛い、

極薄のクラッカーのような食べ物を作っている。

これは1キログラム当たり約25~30ルピーで売られるらしく、

だいたい9時半から夕方の4時半まで働き、6~7キロ作るそうだ。

ほかにも女性たちは、都市でハウスキーピング(お手伝いさん)の

仕事をしたりする。1軒につき1日2~3時間の労働で、

給料は月500ルピーほど。3、4軒、掛け持ちするという。

次ページカースト制度は根強く残っている
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。