インドのスラム街ツアーで見えた現実と未来

スラムはビッグビジネス?! ②

最後にマーケットゾーン(市場地区)へ行った。

商店街のような場所で、両サイドに店が並び、人々が行き交う。

砂ボコリが舞い、笑い声が聞こえ、活気にあふれていた。

REALITYの事務所は、そんなマーケットゾーンの終わりにあった。

そこでぼくは簡単なアンケートに答え、ツアー料金を支払った。

しばらく扇風機の風にあたりながら、無料で提供されたソーダを飲む。

ここには生活があり、歴史があり、そして笑顔があった。

数時間前には、ひとつも想像してなかったことだ。

 

ビッグビジネスになるスラムは変わらない?

 もうすぐインドでは、総選挙が始まる。

インドの未来を決める、一大イベントである。

では、その後、スラム街は変わるだろうか。

街で見かける小さな店の数々、荷物を運ぶ人々、クリーニング屋、

ブックバインディング、ステーショナリーメイキング、ティーストア、

ハウスキーピング、大工、電気工、ゼロに限りなく近い低賃金で働き、

一人ひとりは少ないが合計すれば巨額の納税をする彼ら。

視点を変えたとき、スラムがビッグビジネスになっているとしたら、

このシステムを、誰が変えようとするだろうか。

ソーダを飲み干すと、ぼくはダラビの出口へ向かった。

子どもたちの笑顔は胸に刺さったままで、振り返ることはできなかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。