インド人の70%が、出会い系ユーザー?!

2000万人のマッチングが、わずか数秒!

電通の若きクリエーター、三浦北斗。
独特の切り口で、あたらしい時代のクリエーティブを目指す彼は、会社の人材交流プロジェクトによって、突然、電通インド支社で3カ月働くことに。現地から、人、仕事、遊び事情を、ライブ感たっぷりでお届けするインド滞在記。
( ブログ「まいにちインド」は、こちら

タイトルと関係ないですが、12月生まれの人たちのお祝い@会社。

 インドは今日も元気です。

昼は社内が騒がしかったけど、夜は外が騒がしい。

犬が鳴きまくっている。数十匹くらい。こわい。

夜が深くなるとオフィスの周りから聞こえる音だ。

どこの国でも、広告会社は同じようなワークスタイルなのか。

今夜もインド人と肩を並べて仕事だ。

インドではどうやって女の子と知り合うのか 

そんな僕の周りにいる男たちは、ほぼ独身さん。

そういえば、インドではどうやって女の子と知り合うんだろう。

まさか、インド式の合コンなんかあったりして。

ナイトクラブで情熱的なボリウッドダンスを披露して

彼女のハートを射止めちゃったりするのかな。

 

「いや、ぼくたちインド人の70%はアレンジマリッジだよ」と言う。

アレンジマリッジ??

「残りの30%は?」と聞くと、「ラブマリッジだよ」と言う。

ラブマリッジ??

アレンジマリッジとは、いわば、お見合いという意味。

ラブマリッジは、読んだ通り、恋愛結婚のことだ。

 

インドは宗教上の理由や、カースト制度のなごりで、

子どものために親が結婚相手を探すという習慣が一般的だ。

親戚の知り合い、周りの知り合いで、子どもに合う人を探す。

主に、財力や地位などが重視されたりする。

それでも見つからなかったら、ナント親が新聞に広告を出す。

「こんな子いますけど、どうでしょうか?」(写真はナシ)

この新聞広告はMatrimonial adと呼ばれ、こちらでは一般的な広告。

雑誌でもよく見かけるのだ。

最近は時代も変わり、ネットで相手を探すことが主流になりつつある。

って、それ出会い系サイトじゃん。

次ページ出会い系サイトに登録してみた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT