インドで大切なのは、エモーション。

違うけど、いっしょ。とアルンは言った。

電通の若きクリエーター、三浦北斗。
独特の切り口で、あたらしい時代のクリエーティブを目指す彼は、会社の人材交流プロジェクトによって、突然、電通インド支社で3カ月働くことに。現地から、人、仕事、遊び事情を、ライブ感たっぷりでお届けするインド滞在記。
( ブログ「まいにちインド」は、こちら

 

インド人はクルマのどの角度を好む?

いつも会社まで送り迎えをしてくれるアニール。

彼はラジャスタン地方にあるジャイプール出身の27歳。

んー…27歳には見えないよ、アニール。

時間を守るアニール。

 

 

 

 

 

 

ほとんど英語がしゃべれないので、ヒンディー語でしゃべる。

一度だけ、奥さんに逢わせてもらったことがあって、ヒンディー語で

スンダラ~(美しい)と伝えたら、No,No~と謙遜してた。

なんと日本人らしい反応なのだろう。ちょっと意外だった。

 

まだ30日くらいしかいないので、インド人の感覚というのが

あまりわかってない。だから、そこらへんの話を周りのインド人と

よく話すことがある。

ホク(こっちで呼ばれている僕のあだ名)、インド人はクルマの

どの角度を好むと思う?そう聞かれたことがあった。

クルマの種類にもよるが、日本では正面が3、側面が7の割合で

見せることが美しいと言われたりする。

もちろんインド人全員というわけではないが、周りのインド人は

ポスターやパンフレットで真横に置かれたクルマを好むという。

理由は、真横だとクルマの大きさが強調されるかららしい。

大きなセダンというのが、オレお金持ちだぜ!という、いわゆる

富の象徴になっているわけだ。

Bigger is betterと言っていた。これは今の日本と感覚的には違うかな。

インド人が好むケータイは?

じゃあ、ケータイは?と聞くと、昔は大きいものが好まれて、

そして小さいものが好まれるようになり、今はサイズは関係なく、

テクノロジーが好まれる、と。うーん、これはなんとなく一緒かな。

身の回りの手配をしてくれるアルンという大柄なインド人がいる。

彼はウィスキーが大好きで、本物の男はウィスキーだろ。と言って

僕をよく飲みに誘ってくる。いろんな意味でヘビーな男だ。

アルンがブレンダーズプライドというインドのウィスキーを

ストレートで飲みながら、この前、こんなことを話をしてくれた。

アルンはデカい。 

 

 

 

 

 

次ページ「違うけど、いっしょ。」と「いっしょだけど、違う。」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。