インド人と仲良くなるコミュニケーション

インドで働くスゴい日本人

電通の若きクリエーター、三浦北斗。
独特の切り口で、あたらしい時代のクリエーティブを目指す彼は、会社の人材交流プロジェクトによって、突然、電通インド支社で3カ月働くことに。現地から、人、仕事、遊び事情を、ライブ感たっぷりでお届けするインド滞在記。
( ブログ「まいにちインド」は、こちら

 

仕事の進め方、働き方、考え方に多くの違いがある

電通インドとは、インド国内の数社からなるグループ会社である。

デリーの南にあるグルガオンという町に、グループ統括オフィスがある。

このオフィスで、ぼくはコピーライターとしてインド人チームに加わり、

インドの広告の仕事をさせてもらっている。

日系会社だが、クライアントサービスも、ストラテジープランナーも、

クリエーティブも、社員はほぼ全員がインド人。

日本の電通とは、まるで違う仕事の進め方、働き方、考え方なのだ。

しかし、プロジェクトによっては電通本社の日本人と仕事をすることも

少なくないので、日本のモノサシで進むときもある。

そうなると「言葉の壁」だけでは説明できない、多くの違いに遭遇する。

簡単にいうと、インド人と日本人が広告の仕事をする、ということは

想像以上に難しいことなのだ。

 

そんな状況のここ電通インドで、インド人社員を取りまとめる人がいる。

電通インドグループ統括者の福本浩一さんだ。

ぼくがここのオフィスに来る前から環境を整えてもらったり、

インド滞在中にいろいろなケアをしてもらったり、おいしいご飯に

連れて行ってもらったり、大変大変お世話になっている。

(なので、文章がちょっとひいき目になってるかもしれません!)

福本さんは、マサチューセッツ工科大学でMBAを取得されていて、

以前はシンガポールやインドネシアの電通にも勤務されていた

超スゴい人なのだった。

電通インド統括責任者 福本浩一さん

 

 

 

 

次ページ違うからこそ、相手の話を聞くことが大切
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。