格安SIMとダブル使いでiPhone料金を節約する

月額1520円で6GBまで使える新eSIM用プラン

高速通信のオン・オフは、アプリからワンタッチで設定できる。あらかじめ、App StoreからIIJmioの「みおぽん」というアプリをダウンロードしておき、IDとパスワードを入力しておこう。あとはアプリを開き、スイッチを切り替えるだけだ。このアプリからは、高速通信をオンにした状態とオフにした状態で、それぞれどの程度容量を消費したのかも確認できる。

ちなみに、IIJmioには「バースト転送」と呼ばれる機能があり、低速時でも、通信開始時の数秒間だけは制限がかからない。そのほうが、全体の通信を、効率よくさばけるためだ。結果として軽いサイトなら、高速通信をオンにしたときと、あまり変わらない時間で表示されることもある。手動で設定を変更するのが少々手間だが、データ容量を効率よく使えるため、ぜひ覚えておきたい。

3.海外事業者と契約し、ギガの“ちょい足し”も

eSIMはオンラインで契約が完結するため、物理的なSIMカードと違い、場所を選ばないのがメリットだ。極端な話、日本にいながら、海外の通信事業者と契約することもできる。海外事業者の中には、日本で使える料金プランを用意しているところもある。

海外契約の場合、日本での接続が国際ローミングになってしまうため、遅延が国内事業者の回線より大きくなってしまうが、その点に目をつぶれば、国内の通信事業者に固執する必要はない。とはいえ、日本語に対応している海外の通信事業者は少なく、言語の壁がネックになる。

Ubigiは海外の事業者だが、日本で一時的な回線として利用することも可能だ(筆者撮影)

オススメは、フランスに拠点を構えるUbigiだ。同社はNTTコミュニケーションズ傘下の格安スマホ事業者で、日本語のサイトも用意している。FAQまでしっかり日本語で公開されているため、安心して契約できる。日本国内用のプランの場合、プリペイドは4ドルで500MB。有効期間は1日と短いが、月の最終日に容量を使い切ってしまったときに契約するにはいいプランだ。

先に挙げたように、大手通信事業者は容量の追加が1GBあたり1000円のため、UbigiのeSIMを設定し、そちらに切り替えれば、半額以下で済ませることができる。日本ではauの回線につながるため、ドコモやソフトバンクを使っているユーザーが、圏外のときなどに、一時的に契約してもいいだろう。

もちろん、海外の通信にも対応する。大手キャリアの国際ローミングを使うより割安になるため、とりあえずUbigiのプロファイルを設定しておき、必要なときだけプランを買い足すようにしてもいい。Ubigi以外にもeSIMに対応した通信事業者は徐々に増えており、簡単な英語さえ読めれば、日本から契約できるケースは多い。たとえば、香港の通信事業者である「3香港」には、138香港ドル(約1890円)で10日間、1日500MB使えるeSIM専用のプランがある。これも日本で契約でき、ギガ不足のとき便利だ。対象端末は最新のiPhoneに限定されるが、今後、徐々に増えていくことが想定される。今から覚えておいても、損はないだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT