格安SIMとダブル使いでiPhone料金を節約する

月額1520円で6GBまで使える新eSIM用プラン

例えば、1回線目をauの「新auピタットプラン」にしつつ、2回線目のIIJmioのeSIMを設定したとする。auの料金プランは4GBを超えると料金は5980円になり、7GBを超えると通信速度が128Kbpsに制限される。

そのままIIJmioのeSIMを足すと、料金は7500円に跳ね上がってしまうが、au分の通信量がゼロになれば、料金は2980円まで下がる。そのため、2回線合計で料金は4500円に収まる。auに5980円払っていたときより、料金が1480円安くなるというわけだ。

発行されたQRコードを読むだけと、設定も簡単(筆者撮影)

契約も簡単で、IIJmioのサイトでアカウントを取得したあと、eSIMを申し込むだけ。ショップに出向いたり、SIMカードが郵送されるのを待ったりする必要がない。設定は、IIJが発行したQRコードをiPhoneで読み取るだけ。

「設定」アプリから「モバイル通信」に進み、「モバイル通信プランを追加」をタップすると、カメラが起動する。IIJmioの回線は、音声通話には対応していないため、「デフォルト回線」はメインで使っている通信事業者のままにしておくようにしたい。

なお、大手通信事業者が販売するiPhoneの場合、あらかじめSIMロックを解除しておく必要がある。各社とも、一括購入の場合は即日、分割払いの場合は購入から100日経過していていれば、SIMロックの解除が可能になる。

ショップでもできるが、手数料がかかってしまうため、オンラインで済ませたほうがお得だ。ドコモは「My docomo」、auは「My au」、ソフトバンクは「My SoftBank」でそれぞれ手続きすることができる。アップルから直接購入したSIMフリー版の場合は、SIMロックを解除する必要がない。

ただし、格安スマホは、大手通信事業者から借りた帯域を、ユーザーが分け合って使用するため、通信が集中する時間帯は速度が出づらい。実際、筆者が試したIIJmioのeSIMも、12時台は下りの速度が1Mbpsを切ってしまった。ニュースなど、比較的軽いサイトは見ることができるが、アプリのダウンロードなどには向かない点は、あらかじめ理解しておきたい。

2.高速通信をオフにしてギガ不足を防ぐ

eSIMとはいえ、ほとんどの仕様はSIMカード型のサービスと同じ。余ったデータ容量は翌月に繰り越せるうえに、容量が足りなくなったときは、100MBずつ容量を追加することも可能だ。

高速通信を自らオフにして、容量を消費しないようにすることができる(筆者撮影)

大手通信事業者の場合、1GBで1000円かかるが、IIJmioは100MBごとに200円。MB単価はIIJmioのほうが高いものの、細かく容量を増やせるため、“ギガ不足”になったとき、最適な容量を選べる。

また、大手通信事業者にない機能として、高速通信をあえてオフにして、データ容量を消費しないようにすることもできる。この場合、速度は最大200Kbpsに絞られてしまうが、文字中心のSNSやニュースなどを見るのであれば、ガマンできる範囲かもしれない。iPhoneはバックグラウンドでも通信するため、普段は高速通信をオフにしておき、手に取って使うときだけオンにすることもできる。データ容量を節約すれば、ギガ不足に悩まされることもないだろう。

次ページアプリからワンタッチで設定可能
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT