川端康成「雪国」が思考力を養うのに最適な理由

日本語を母語とする人の「落とし穴」

変化の大きい現代では思考力が重要ですが、「考える」ことの落とし穴にも配慮していく必要があります(写真:ipopba/iStock)

変化の大きい時代になり、どんな問題にも正解があるとする、いわゆる「正解主義」では、複雑な現実に太刀打ちできなくなってきました。そう実感している人も多いのではないでしょうか。

「答えのない時代」には、思考力がますます重要になります。模範解答を探し当てる力ではなく、自分だけのオリジナルな答えを導き出すことが重要になるのです。

では、オリジナルな答えを出す力を磨くには、どのようなトレーニングを積めばよいでしょうか?

「考える」ことの落とし穴

前回記事では、常識を疑う問題などをご紹介しましたが、今回は川端康成の『雪国』を題材に、日本語を母語とする人の「考える」ことの落とし穴について、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

Q:川端康成の『雪国』の冒頭部分、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の主語は誰/何ですか。

解答は後ほどお伝えするとして、まずは、川端作品を多く翻訳したエドワード・G・サイデンステッカーによる、この箇所の英訳を見ていただきたいと思います。

The train came out of the long tunnel into the snow country.
(汽車は長いトンネルを抜けて、雪国へと着いた)

うまい訳だなあと感動しますが、日英バージョンを読んで「ん?」と思われた方もいるかもしれません。この文、日本語と英語とでは、「主語」が違うのです。

英語バージョンの主語は「汽車」(The train)です。汽車が長いトンネルを抜けて、その結果、汽車が雪国に着いた。非常に明快です。では、日本語の原文「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」はどうかというと、主語の「〜は(が)」にあたる部分がありません。じゃあ主語はいったい何なのでしょう。何が省略されているのでしょうか。

日本語はいろいろなものを省略しますが、主語はその典型です。いや、主語は「省略」ではなく、そもそも日本語に主語などという概念はないんだ、という研究者もいます。

次ページ英語の省略と日本語の省略の決定的な違い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT