「とんでもない難題」を乗り切る人の頭の使い方

スタンフォード大の「思考力」の鍛え方

これからの時代は、「自分で考えて何かをはじめる」ことが重要です(写真:patpitchaya/iStock)

今後、必要な思考力とは何でしょうか? 結論からいえば、「人間としての」スキルアップ、「自分にしか」できないこと、という点が非常に大事です。

日本ではとくに戦後、どんな問題にも正解があるとする、いわゆる正解主義を重視する傾向がありました。学校だけでなく、社会でもビジネスでも「模範解答集」があるはずだと信じ、そこに載っているであろう「正解」を確実にたたき出すことがよしとされてきました。皆と同じ答えを出せる人が「優秀」と思われてきたのです。

でも、これからは「答えのない時代」です。AIなどにも代替されない、オリジナルな答えを出せる人こそが「優秀な人」といわれる時代がもうそこまで来ています。

では、オリジナルな答えを出す力を磨くには、どのようなトレーニングをすればよいでしょうか? 私は小学生から大人まで、クリティカル・シンキングや発想力、思考力の講義をしていますが、そこから例として出題いたします。

最悪なアイデアを最高のアイデアに変える問題

Q:「炭酸飲料が必ず振られた状態で出てくる、自動販売機」をすばらしいビジネスプランに変えてください。

スタンフォード大では、学生に最良の解決案と最悪の解決案を紙に書いて提出させ、最良のものは目の前で破いてしまうそうです。人が普通「最良」と考える解決案は手垢のついたアイデアであることも多く、たかが知れているということですね。

一方、最悪の解決案として提出されたものは別の学生に渡して、どうにかしてすばらしい案に変えさせるのですが、ここからとてつもなくユニークな解決案が生まれるそうです。私も大学生たちに同じような課題を出しますが、「ナシ」なプランは着眼点が違うことも多く、実におもしろいアイデアを生み出してくれます。

次ページ3つのステップで答えを見つける
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。