「とんでもない難題」を乗り切る人の頭の使い方

スタンフォード大の「思考力」の鍛え方

これからの時代は、「自分で考えて何かをはじめる」ことが重要です(写真:patpitchaya/iStock)

今後、必要な思考力とは何でしょうか? 結論からいえば、「人間としての」スキルアップ、「自分にしか」できないこと、という点が非常に大事です。

日本ではとくに戦後、どんな問題にも正解があるとする、いわゆる正解主義を重視する傾向がありました。学校だけでなく、社会でもビジネスでも「模範解答集」があるはずだと信じ、そこに載っているであろう「正解」を確実にたたき出すことがよしとされてきました。皆と同じ答えを出せる人が「優秀」と思われてきたのです。

でも、これからは「答えのない時代」です。AIなどにも代替されない、オリジナルな答えを出せる人こそが「優秀な人」といわれる時代がもうそこまで来ています。

では、オリジナルな答えを出す力を磨くには、どのようなトレーニングをすればよいでしょうか? 私は小学生から大人まで、クリティカル・シンキングや発想力、思考力の講義をしていますが、そこから例として出題いたします。

最悪なアイデアを最高のアイデアに変える問題

Q:「炭酸飲料が必ず振られた状態で出てくる、自動販売機」をすばらしいビジネスプランに変えてください。

スタンフォード大では、学生に最良の解決案と最悪の解決案を紙に書いて提出させ、最良のものは目の前で破いてしまうそうです。人が普通「最良」と考える解決案は手垢のついたアイデアであることも多く、たかが知れているということですね。

一方、最悪の解決案として提出されたものは別の学生に渡して、どうにかしてすばらしい案に変えさせるのですが、ここからとてつもなくユニークな解決案が生まれるそうです。私も大学生たちに同じような課題を出しますが、「ナシ」なプランは着眼点が違うことも多く、実におもしろいアイデアを生み出してくれます。

次ページ3つのステップで答えを見つける
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT