「自分はダメ親」と悩む人を変える"魔法の言葉"

子どものためにも、自己肯定感を上げよう

お茶を出すだけの仕事というのは、実際にはないかもしれません。この内容は、一見多くの人がつまらないと考えがちな作業が、考え方一つで楽しさに変わる例として挙げているのですが、このように、楽しさを作り出すことはいかようにでも、誰でもできるのです。

◆「面白いね〜」 

この言葉はとくに嫌なこと、マイナスなことがあったときに使うと有効です。マイナスなことといってもさまざまで、人の不幸な出来事を「面白いね〜」などとは言いませんね。

例えばこういう使い方をします。子どもが勉強したくなさそうなときに、「どんなこと勉強しているの?」と声をかけ、内容を読んで、「なるほどね〜面白いね〜これ」とか「うゎ〜、面白そうね」といった感じで言っていくのです。このように軽い感じで使っていきます。「難しいことやってるね」とか「うゎ、こんなのつらい……」などと言うのとは大分ムードが変わりますね。

また、自分にとって面白くないことがあったときにも使います。例えば、街で不快な発言をしている人を見かけたときに「何?あの人、不快だわ」と言うのではなく、「面白い〜、あんなことで文句言っている人がいるんだね〜」と言ってしまうんです。これでまったく真逆の心の状態が作られます。

「楽しむ」という世界へ、自分を持っていく

◆「ワクワクするね〜」

そして、最後の言葉が「ワクワクするね〜」です。筆者は、昨今さらによく聞くようになったと感じます。言葉の響きがどこか、かわいらしいというか愛らしいということもあって、男性よりも女性のほうが多く使っているようです。

例えば、次のような使い方をします。子どもが運動会が好きではなく、「やりたくない」と言ったとします。そのときに「なぜなの?」と問い詰めるのではなく、「ママは運動会楽しみだわ。何かワクワクするよね〜」と言ってしまうのです(もちろん子どもが深刻な状況にありそうなときは使いません)。

また、自分のことであれば、連休明けの月曜の朝、仕事に向かうときに、うんざりした雰囲気を作るのではなく、「今週何があるかワクワクするね〜」と言ってしまうのです。普段からよくマイナス発言をしている人は、そのような言葉を一旦やめてみて、あえて「ワクワク」というキーワードを使ってみるといいでしょう。

以上の3つの言葉を使っていると、親自身の気持ちが次第に変わっていきます。今の自分を肯定できないのであれば、別の概念である「楽しむ」という世界へ、自分を持っていくのです。すると、物事をプラス方向から見るようになったり、目の前のイライラさせられるような現象の見え方も変わり始めます。自分にダメ出ししていたことが、笑って済ませられるようになるかもしれません。

これらの言葉は、これまで筆者の周囲の多くの親御さんが実践し、効果がかなりあった実践的やり方です。ぜひ1週間だけでも、意識して使ってみてください。何かが変わっていくことでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT