最多は55~59歳、年9.9万人離職する介護の実態

「介護と仕事」の両立なんとも厳しい現実

過去1年間(2016年10月~2017年9月)に介護・看護のために前職を離職した人は9.9万人(男性2.4万人・女性7.5万人)です。年齢階級別にみると55~59歳が2.0万人と最も多く、そのうち女性が1.6万人で約8割を占めています。

過去1年間に介護・看護のために前職を離職した人を就業状況別にみると、パート・アルバイトの女性が4.2万人と最も多く、介護離職をした男女9.9万人のうち42.1%を占めています[総務省「就業構造基本調査」(2017年)]。

介護離職者の実態

次に、明治安田総合研究所とダイヤ高齢社会研究財団の共同調査「仕事と介護の両立と介護離職」を基に実際に介護離職をした人の実態を見てみます。

何がきっかけとなって離職を決断したかについて、勤務先を辞めて転職した「転職者」と、勤務先を辞めて介護に専念している「介護専念者」にたずねました。

転職者の場合、「自分以外に親を介護する人がいない」とした回答が男女ともに最も多く、男性22.6%・女性20.6%となっています。介護専念者の場合も同様に、男女ともに「自分以外に親を介護する人がいない」とした回答が最も多く、男性26.0%・女性21.3%で、いずれも転職者を上回っています。

兄弟姉妹数の減少や未婚化により、介護の担い手が減少し、「自分以外に親を介護する人がいない」割合は今後さらに高くなることも懸念されます。

次に、介護に専念した女性のきっかけのうち、「自分で親の介護をしたかった」が20.6%で、「自分以外に親を介護する人がいない」とほぼ同じ割合でした。逆に介護に専念した男性は12.1%と女性よりも低くなっています。一方、転職者では、「自分で親の介護をしたかった」は男性9.0%、女性11.0%とほぼ同じ割合でした。

転職した女性では、上記のほかに13.5%の女性が「仕事と介護の両立に精神的限界を感じた」ことも特徴的です。また、「これ以上会社にいると迷惑がかかると思った」9.7%、「職場で仕事と介護の両立に理解が得られなかった」9.7%と、職場で感じた精神的苦労が転職のきっかけとなるケースが目立っています。

次ページ介護開始から会社を辞めるまでの期間は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT