34歳「地図の新しい見方」を探求する男の仕事観

幼児期の原体験が「空想地図」につながった

2014年には「アウト×デラックス」(フジテレビ)にも出演した。

「一見順調でしたが、何の戦略もなくやっていました。『空想地図』もいろいろな手法で露出しましたが、『そろそろ出し尽くしたかな?』という感覚になりました。

近い将来、ガクンと収入が下がる時が来るのではないか?と危惧していました」

その予想は残念ながら当たってしまった。2018年の春になって、急に仕事がなくなってしまったのだ。

「覚悟はしてましたけど『この時がついに来たか-』と、ため息が出ました」

アルバイトを再開して月収を手に入れようかとも考えた。

ただ、短期的な収入に頼るのはいかがなものかと思った。ここは無理をしてでも新しい本を書いて、新たな道を見つけるべきではないだろうか?と考えた。

「新刊の企画は実は2年前に通っていました。ヒマになった今、書くべきだろうと思いました。『空想地図で得てきた、独特の表現手段を世間に伝えることができないかな?』とずっと考えていました」

世の中には地図が苦手な人が多い。今和泉さんの友人にも地図が嫌いな人はいて、地図の知識のない人と話す機会も多かった。

「政治や経済の話であれば知りたい人が多いから、知らない人に解説する人がたくさんいます。例えば池上彰さんみたいな人ですね。でも地図においてはそういう人がいないんです。私なら伝えられるんじゃないだろうか?と思いました」

地図が苦手な人に読んでほしい

2018年は『「地図感覚」から都市を読み解く: 新しい地図の読み方』の執筆に明け暮れた。そして2019年3月に無事上梓することができた。

「『地図が読める人』はどのように地図が見えているのかを紹介しました。地図が苦手な人に読んでほしいですね。本を1冊読んでもらえれば、いつの間にか地図の見方が変わっていると思います。

逆に地図が読める人には

『あ~そうそう。いつも無意識にやってるけど、具体的に絵にしてもらえるとよくわかるね』と思ってもらえたら嬉しいですね」

ここにきて新しい方向性を打ち出した今和泉さんだが、今後どのように展開していくかはまだ未知数だ。

『「地図感覚」から都市を読み解く: 新しい地図の読み方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ただ個人的な意見としては『地図の見方を啓蒙する』というテーマは広く受け入れられるような気がする。

かくいう僕も地図を見るのが苦手なのだが、著作を読ませてもらって少し得意になったような気がした。

「とにかくずっと1人で本を作っていたので、疲れてしまいました。今は誰かと共著を作りたい気分ですね(笑)」

今和泉さんにはこれからも、地図の“新しい見方”や“新しい遊び方”を提案してほしいと思った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT