大赤字の吉野家は果たして復活できるのか?

中野サンプラザでの株主総会に出席してみた

赤字に陥ってしまった吉野家。カリスマ投資家の内田氏は、同社は十分復活できると考えているようだ(編集部撮影)
再び日経平均株価は2万円を割れてしまうのだろうか。かねてから「警戒モード」に入っていたカリスマ投資家の内田衛氏は複数の株主総会に出向きながら、時折少しばかりトレード。どうやら、この先の株価は下落する可能性が高いと考えているようだ。早速、株日記で内田氏の相場感を見てみよう。

業績が厳しい吉野家の株主総会へ行く

【5月20日 月曜日】先週末の日経225先物は、50円安の2万1220円、NYダウは、98ドル安の2万5764ドル。1ドル=110.02円、1ユーロ=122.79円。クレジットカード大手のジャックス(8584)が、15日の決算発表をきっかけに3日続伸、26円高の1954円となり、高値65円高の1993円まであり、年初来高値更新。高値では期末配当40円を考慮してようやくほぼ含み損解消。5万5000株保有中。GDPが2期連続のプラス成長(実質2.1%増)との報道で、日経平均株価は、51円高の2万1301円と続伸した。

【5月21日 火曜日】日経225先物は、160円安の2万1150円、NYダウは、84ドル安の2万5679ドル。携帯電話のソフトバンク(9434)は、19.5円高の1439.5円と続伸。10時28分には、1445円の高値を付け、期末配当37.5円を考慮すると、1482.5円と売り出し価格の1500円まであと17.5円までに近づいてきた。1500円で3200株保有中。ファーウェイ制裁の余波が広がり、日経平均は、29円安の2万1272円。

この連載の一覧はコチラ

【5月22日 水曜日】日経225先物は、130円高の2万1380円、NYダウは、197ドル高の2万5877ドル。日経平均は、10円高の2万1283円と小動き。

【5月23日 木曜日】日経225先物は、50円安の2万1230円。NYダウは、100ドル安の2万5776ドル。

吉野家ホールディングス(9861)の株主総会出席のため、中野サンプラザへ行く。9時53分着、前から3列目の真ん中へ着席する。前期業績面は、売上高2023億円と2%増、だが、営業利益1億円(前期40億円)、親会社株主に帰属する当期純利益は、60億円の赤字(前期14億円の黒字)と厳しい決算となった。

次ページ吉野家は復活できるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT