日経平均株価は10月まで軟調かもしれない

令和時代のスタートに思わず寒気がした

5月下旬以降の株価はどうなるのだろうか(写真:Kazpon/PIXTA)
いきなり「7連敗」で始まった令和相場。カリスマ投資家の内田衛氏は相場が下がると見て機動的に日経平均先物のプットプションを購入。幸いしっかり利益をあげた。内田氏は今後の相場をどう見ているのだろうか。早速株日記で見てみよう。

日経平均が下がると見て20万円でプットオプション購入

【5月6日 月曜日】こどもの日振替休日。1時37分、ドナルド・トランプ大統領が、対中関税25%に引き上げ表明。

【5月7日 火曜日】NYダウは一時470ドル安まで下がったが、引けにかけて下げ渋り、66ドル安の2万6438ドル。日経平均は、335円安の2万1923円。優待目的保有のオリックス(8591)の2019年3月期決算は、5期連続最高益で、期末配当46円(前期39円)で、年76円(前期66円)となった。本日終値は、1円安の1570.5円。

【5月8日 水曜日】日経225先物は、280円安の2万1660円、NYダウは、米中貿易戦争懸念で、472ドル安の2万5966ドルと大幅安で一時、562ドル安まで下げる場面があった。

連休前の4月25日に業績の上方修正発表で反発していたクレジットカード大手のジャックス(8584)が大幅続落で、83円安の1750円。業績上方修正で上げた分、2日で下げてしまった。

この連載の一覧はコチラ

14時51分、日経225先物5月限2万1000円プットオプションを22円(前日比+8円)で5枚、18円で5枚買う。投資金額は、20万円。2万1000円のプットオプションとは、日経平均を2万1000円で売れる権利で、日経225先物価格が、2万1000円以下になると権利を行使して価値が出る商品。しかも期日が第2金曜日の寄り付き(5月10日)と迫っており、時間的価値が残っていない分、安く買える。日経平均は、321円安の2万1602円。

次ページ内田氏のプットプションはどうなった?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。