日経平均株価は10月まで軟調かもしれない

令和時代のスタートに思わず寒気がした

5月下旬以降の株価はどうなるのだろうか(写真:Kazpon/PIXTA)
いきなり「7連敗」で始まった令和相場。カリスマ投資家の内田衛氏は相場が下がると見て機動的に日経平均先物のプットプションを購入。幸いしっかり利益をあげた。内田氏は今後の相場をどう見ているのだろうか。早速株日記で見てみよう。

日経平均が下がると見て20万円でプットオプション購入

【5月6日 月曜日】こどもの日振替休日。1時37分、ドナルド・トランプ大統領が、対中関税25%に引き上げ表明。

【5月7日 火曜日】NYダウは一時470ドル安まで下がったが、引けにかけて下げ渋り、66ドル安の2万6438ドル。日経平均は、335円安の2万1923円。優待目的保有のオリックス(8591)の2019年3月期決算は、5期連続最高益で、期末配当46円(前期39円)で、年76円(前期66円)となった。本日終値は、1円安の1570.5円。

【5月8日 水曜日】日経225先物は、280円安の2万1660円、NYダウは、米中貿易戦争懸念で、472ドル安の2万5966ドルと大幅安で一時、562ドル安まで下げる場面があった。

連休前の4月25日に業績の上方修正発表で反発していたクレジットカード大手のジャックス(8584)が大幅続落で、83円安の1750円。業績上方修正で上げた分、2日で下げてしまった。

この連載の一覧はコチラ

14時51分、日経225先物5月限2万1000円プットオプションを22円(前日比+8円)で5枚、18円で5枚買う。投資金額は、20万円。2万1000円のプットオプションとは、日経平均を2万1000円で売れる権利で、日経225先物価格が、2万1000円以下になると権利を行使して価値が出る商品。しかも期日が第2金曜日の寄り付き(5月10日)と迫っており、時間的価値が残っていない分、安く買える。日経平均は、321円安の2万1602円。

次ページ内田氏のプットプションはどうなった?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。